革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

オフィシャルブログ

  • 電子化ラボ
2012-03-29

【電子化ラボ】スキャニング時のカラーモードを決める3つのポイント

こんにちは、電子化ラボのコーナーです。
今回のテーマは電子化データのカラーについてです。

icon-smileスキャニングするときのカラーモード「白黒2値」「グレースケール」「フルカラー」の説明と、 資料や目的にあわせた適切なカラーモードについてご紹介します!

電子化文書のカラーモード

スキャニングで作成する電子化文書(画像データ)のカラーモードには、次の3種類があります。

各カラーモードの概要

白黒2値(モノクロ2値)

白と黒の2色で表現するカラータイプです。スキャニングする資料の色を、ある濃度を基準点として「白」「黒」にわけて認識し、画像データとして再現します。この基準点は「閾値(しきいち)」と言ってスキャナで調整が可能です。白と黒の色情報しかないため、データ容量は比較的軽いものになります。

グレースケール

白と黒だけでなく、その中間に存在するグレーの階調をあわせた256色で表現するカラータイプです。スキャニングする資料の濃淡を無彩色の画像データとして再現します。グレーの色情報を持つ分、データ容量はモノクロより増加します。

フルカラー

フルカラーで表現するカラータイプです。この場合のフルカラーとは、コンピュータ上での色の表現方法のひとつである24ビットフルカラーのことで、スキャニングする資料の色を、RGB(赤・緑・青)各色8ビット(256階調)で認識し、画像データとして再現します。フルカラーの色情報を持つ分、データ容量はモノクロ、グレースケールより増加します。

【参考資料】でんシカくんカラーモード比較

icon-star じゃじゃ~ん!これは僕のブロマイドです。

f6f1b531a6403fdb9939673a549c84b71

でんシカ君ブロマイド

この写真をそれぞれのカラーモードでスキャニングしてみたよ!

blog_colormode

白黒2値は、僕が黒くて何だかよくわからないね…でも、文字はくっきりして読みやすいんじゃないかな?
グレースケールにすると、何が写っているかすぐにわかるようになったよ。昔のモノクロ写真みたいだね。
フルカラーは元の資料の見た目が一番よく再現できてるね。僕のツノも輝いてるでしょ~♪
同じ資料の電子化でも、カラーモードが違うとこんなふうに変わってくるんだよ。

こんな資料はどうする?ケース別おすすめカラーモード

では、スキャニングをするとき、これらのカラーモードはどのように選択すればよいのでしょうか。
カラーモードを決めるポイントは3つあります。

カラーモードを決める3つのポイント

  1. 電子化データの用途 (どんな目的で電子化するのか)
    例:文字が読めればいい、印刷用画像素材として使いたい、など
  2. 対象資料の内容 (どんな情報で構成された資料なのか)
    例:使用されている色、紙媒体自体の色、写真などの画像の有無、など
  3. 電子化データの容量 (どの程度のデータ容量になるのか)

資料をスキャニングする場合、白黒の文書は白黒2値で、カラーの資料はフルカラーを指定して行うことが一般的かと思いますが、電子化データの用途や資料の内容によっては適したカラーモードが変わることがあります。下記に代表的なものをまとめてみました。

ケース別おすすめカラーモード

一般書類や図面、OCR変換用画像は白黒2値

文字が中心の一般書類は白黒2値でスキャニングすると、多くの場合、紙色は白・文字色は黒と認識され、コントラストのはっきりとした読みやすい電子化データになります。図面のように単色の線画で構成される資料も、白黒2値でスキャニングすることが多いです。白黒2値なら用紙サイズの大きい資料でもデータ容量をそれなりに抑えることができ、PCでの扱いやすさも向上します。

また、文章中心の書類をOCR変換をかけることを目的としてスキャニングする場合も、白黒2値がおすすめできます。白と黒の2色しかない電子化データは、文字部分(黒)と背景(白)の境界が明瞭なため、OCRでの文字認識率が向上しやすい傾向にあるのです。

写真やカタログなどのカラー資料、“見た目の再現”を重視する資料はフルカラー

写真やカタログ、絵画、ポスターといったカラーの資料は、当然のことながらフルカラーでスキャニングすると再現性がもっとも高くなります。また、内容がスミ一色の文書でも、貴重書のように紙の風合いや文字のかすれ具合といった“見た目の再現”が重要な場合は、フルカラーで電子化します。

なお、アナログ媒体の資料の色(印刷色、塗料等)は、CMYK(シアン・マゼンダ・イエロー+ブラック)というカラーモデルで構成されており、スキャナで読み込むときにそれぞれの色をコンピュータ用のカラーモデルであるRGBに変換して再現しているため、色味の違いが多少発生します。資料現物と電子化データの色味を同じものに揃えるためには、カラーマネジメントによる補正が別途必要になります。

色味は不要、でも白黒2色では再現できない資料はグレースケール

たとえば階調の豊富な写真やイラスト、淡色で書かれた文字や図表などが資料に含まれている場合、白黒2値で閾値を調整しても十分に再現できないことがあります。「フルカラーのような色味は不要、でも白黒2色では一部の内容が再現しきれない」…そんな資料はグレースケールでスキャニングすると解決できることが多いです。

もちろん、もともとグレースケールで表現されているモノクロ写真などの資料については、そのままグレースケールでスキャニングしてみるとよいでしょう。白黒2値のように階調も減らず、フルカラーのように余計な色味も入らないため、ちょうどよい電子化データができると思います。

カラーモードのまとめ
カラーモード 白黒2値
blog_mono
グレースケール
blog_gs
フルカラー
blog_full
色数 白・黒
(2色)
白・黒・グレー
(256色)
RGB24ビットフルカラー
(16,777,216色)
容量 軽い >>>>>> 重い
対象資料例
  • スミ一色など単色の資料
    • 文字中心の書類
      (OCR変換用も含む)
    • 線画中心の図面 など
  • 色味は不要で、階調を再現したい資料
    • 淡色の文字、図表など2値で再現しきれない要素が含まれるもの
  • グレースケールの資料
    • モノクロ写真 など
  • 階調が豊かな資料
    • 写真
    • 絵画
    • その他のカラー資料
  • 見た目の再現が重要な資料
    • 貴重書 など

*ひとつの資料に文章、カラーイラスト、モノクロ写真などが混在している場合は、重視する要素(見た目の再現性、文字の可読性、など)でカラーモードを決めていきます。各カラーモードでスキャニングをした電子化データを比較するとわかりやすいです。

データ容量も確認して、バランスの良い電子化を!

ちょっとした数量のスキャニングであれば、あまり気にする機会がないかと思いますが、ある程度の量がある資料の場合はカラーモードを決定する条件として、“電子化したデータの容量”を検討することが重要になってきます。

もちろん、「写真をスキャニングして印刷素材として使いたい」「貴重資料を高精細なデジタルデータで残したい」といった理由がある場合は別ですが、「とりあえずカラーでスキャニングしておけばいい」と全部フルカラーでスキャニングしていくと、できあがった電子化データの容量は肥大化してしまいます。

icon-smile21ファイルごとだと気にならないデータ容量でも、つもりつもれば記憶容量を圧迫しちゃうし、閲覧したり編集したり、操作にも時間がかかるようになってしまうんです。
使いみちにあったカラーモードとデータ容量のバランスをみることが大切なんだね。

by choji