革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

オフィシャルブログ

  • Rosetta Stone関連
2014-09-17

【Rosetta Stone】イギリス英語とアメリカ英語の違い ~その3~

みなさん、こんにちは!秋の風を感じながら、食欲の秋が待ち遠しい@Megです。

さて、3週にわたり、イギリス英語とアメリカ英語の違いについてお届けしていますが、いよいよ最終回です!
最終回は、発音の違いについて簡単に説明します!
まずは、イギリス英語とアメリカ英語のそれぞれの特徴を確認します。

  • イギリス英語の特徴
    イギリス英語は、イギリス人をはじめ近隣のヨーロッパの諸国でも教えられています。
    また現在でもアフリカの国々(特にイギリスの元植民地)で使用されています。
  • アメリカ英語の特徴
    アメリカ英語は、日本や韓国、中国、南米の諸国でも教えられています。
    アメリカ人以外にも、アメリカ英語を話す人は世界的に多いです。

“ A ” の発音( aeとa: )

アメリカ英語で[ ae ](“ アとエの中間音 ” で “ エ ” に近い発音)するものは、イギリス英語では、“ エ ” の音が含まれないで、[ a: ](“ アー ”)と発音されます。

534ee128eacc952dbf05068df5cdcbb3

 

“ T ” の発音

[ t ]の付く単語が、イギリス英語では、 綴り通りに “ t ” を発音し、アメリカ英語では、“ d ” または “ l ” のように発音されます。

f43705f6d2405e1424ae66f10b583e47

“ O ” の発音

イギリス英語では、“ オ ” と発音され、アメリカ英語では “ アとオの中間 ” で “ アに近い発音 ” になります。

84fb2146b6cf8894bdd6522d36e25e4e

その他の発音について

  • [ R ]の発音
    アメリカ英語のほうが、舌を巻く傾向が強いです。
    例)hair, morning, here, girl
  • [ イ ]の発音
    イギリス英語は、“ イとエの中間音 ” で、アメリカ英語では “ イ ” と発音します。
    例)lovely, Emily, keenly
  • [ エ ]の発音
    イギリス英語もアメリカ英語も “ エ ” と発音しますが、イギリス英語は “ イに近い ” 閉じ気味の発音をし、アメリカ英語は “ アに近い ” 開いた発音をします。
    例)bed, head, red

はじめにお伝えした通り、一般的にイギリス英語とアメリカ英語のどちらを選んだとしても、発音や言い回しなど、少々異なるところはありますがコミュニケーションは取れます!

どちらを学習するか迷っている場合は、イギリス英語とアメリカ英語の発音を聞き比べてみて、聞きやすいほうを選ぶのもいいですし、自分のニーズを比較してから決めるのが良いと思います✿

by Meg