革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

オフィシャルブログ

  • Rosetta Stone関連
  • Rosetta Stone
2016-07-14

新入社員がRosetta Stoneを使ってみた!

皆さんこんにちは。身長だけはピュアだった子どもの頃と変わらないDombe(身長153cm)です。

新入社員の配属先も決まり、新年度の慌ただしさは一応ひと段落した…という人事・研修担当者様も多いのではないでしょうか。
アシストマイクロでは、全社員にオンライン言語学習プログラムRosetta Stoneのアカウントが配布されており、もちろん今年新卒で入社した新入社員にも、入社当初から外国語トレーニングに取り組んでもらっています。

なんと今回、その新入社員Tomcatさんが(研修の一環もかねて)実際にRosetta Stoneに2ヶ月ほど取り組んだ感想を、ブログ記事にまとめてくれました。

Rosetta Stoneが対応している24言語から、Tomcatさんが選んだ言語は英語(アメリカ)。
初めての社会人生活や、内容盛りだくさんの新入社員研修をこなしながら、どのように並行してトレーニングを進めているのか、そして現時点でどのような効果を感じているのか。
入社したてだからこその文章の初々しさも味わいながら、お読みください。

こんにちは、新入社員のTomcatです。アシストマイクロに入社して2カ月が過ぎました。

弊社、海外製品を扱う会社なので新入社員の私は英語の勉強が必須です。そこでアシストマイクロの教育制度の1つとして会社から支給されたRosetta Stoneを使っています。今のところ20ユニット中6ユニット終えたところです。
ちなみに私の英語の学習歴は中高大の授業で学んだ程度、とごくごく普通です。また、英語に触れる頻度は洋画(しかも日本語字幕付き)を見る程度です。
これからRosetta Stoneを使っていってどこまで成長できるかに期待ですね。

そこで今回のブログは、Rosetta Stoneを使ってみた感想をざっくりと書きました。大きく分けて、英語だけを使う環境が用意されていること、ネイティブと話せること、社会人におすすめできることがあるなあと感じました。

英語だけの環境!

Rosetta Stoneを起動して実際にやってみるとわかりますが、セクションを学習している最中は英語だけに集中できます。出てくる文章は英語のみで聞こえる言語も英語のみ、30分間の英語漬けですねえ。

一見敷居が高そうですが、最初のセクションは中学1年生レベルの英語なのでサクサクとできました。今、ユニット6ですが、まだまだ抵抗なくクリアできそうです。

そしてなんといっても発音解析機能です。自分が発音した英語をRosetta Stoneが解析して判定してくれるから驚きです。自分の発音が認められると地味にうれしいですね。意外とネイティブを真似て気取った感じで発音するよりはカタカナ英語のほうが通じます(笑)

ネイティブスピーカーと話せる

Rosetta Stone最大の売りがこちら、何度でも参加できるネイティブスピーカーとのオンラインセッション
これは大変お得やなあと、思い立ったが吉日、早速実践してみましたよ。

いざ人と話すとなるととても緊張しました。セッション開始時刻になると先生が簡単な英語で話しかけてくれます。どこに住んでいるの?なんで英語を学ぶの?といった質問。
私、外国の方とこうやって話した経験がないもので、カミカミで不慣れな発音で必死になって答えました(笑) だけど先生はとっても優しくて、こちらに理解させようと話してくれるので助かりました!うまい英語の言い回しが思いつかず、単語を口に出しては必死に文にしました。
日本語だとすぐ言えることも英語だとその何倍も時間がかかります。先生は私の発言をかなりの時間待っては、私が言いたいことの意味を整理してくれました。おかげでオンラインセッションをこれからも楽しくできそうです。ありがとう先生!

いやあ、とても緊張した30分でした。だけど普通のセクション以上に充実します、ネイティブスピーカーと何度も話せるなんていい時代になったものです。海外だからか途中でちょっと映像が途切れることもありましたが、この機能はすごい!

社会人におすすめ

社会人になると勉強する時間がとりづらいですよね。私の場合、会社で英語を扱う機会がこれからたくさん増えるので勉強する必要があります。
Rosetta Stoneは20分~30分ですむので、会社の昼休みにデスクで昼食を食べながらできます。何より拘束時間が少ないって実際いいです。発音重視でネイティブと話すことに特化しているので海外の方と話せる英語力を身につけられそうです。

昼休み中にRosetta Stoneに取り組むTomcatさん 昼休みにRosetta Stoneに取り組んでいるところ。

最後に

まだ終えたユニットは6までですが、Rosetta Stoneでリスニングの力が鍛えられたおかげか、youtubeで海外製品の動画を見てもある程度は聞き取れるようになった気がします。今後は年内に残りのユニットを終えて、ネイティブとの対話をする機会を多くしたいと思います。

会社でブログを書くことは初めてだったのでものすごく緊張しました。私の記事でRosetta Stoneがどのような製品か、みなさんに伝わったら幸いです。次にまた私が記事を書くときはぜひよろしくお願いいたします。またみてね!

※オンラインセッションに何度でも参加可能なのは、法人版ライセンスのみです。

Tomcatさんの記事、いかがでしたか?
これまではほとんど英語に触れる機会がなかったというTomcatさんですが、Rosetta Stoneの発音トレーニングやネイティブコーチとのオンラインセッションに果敢に挑むことで、少しずつ確実に英語を使う力が身についている様子が分かります。

このように、Rosetta Stoneは新入社員研修においても様々なメリットや活用方法があります。

まず、普段の新入社員研修と無理なく並行して取り組めること。
Rosetta Stoneはオンラインプログラムなので、ネット接続されたPC、モバイル端末があれば、通勤時間や自宅にいる時間でも、スキマ時間に手軽に取り組めます。内容が盛りだくさんの新入社員研修中でも、無理なく並行して自主的にトレーニングを進めてもらうことができ、入社後の早い段階で外国語トレーニングを実施、外国語コミュニケーションスキルを持った人材を育成できます。

また、Tomcatさんの記事にもあるように、Rosetta Stoneのプログラムは、口を実際に動かすアウトプットを繰り返しながらゲーム感覚で取り組めるのが特長です。
一般的な新入社員研修の初期段階では、ビジネスの常識やマナー、社内の基本的な規定など、講師が一方的に話すことをインプットする座学が多めになりがちです。間にRosetta Stoneのようなアウトプット中心のプログラムを挟むことでよい気分転換になり、メリハリのあるより質の高い研修にすることができます。

さらに、研修管理者様であれば、Rosetta Stoneの各学習者の進捗状況を、管理者様用機能でレポート出力し確認可能です。このレポートを使って、新入社員がここまで一生懸命外国語学習に取り組んでいる!という状況を全社に公表してみるのも良いでしょう。
ちょっとした功績を認めてもらえることは新入社員のモチベーション向上にもつながりますし、学習が停滞している先輩社員に発破をかけられます。

新入社員研修と並行しながら外国語コミュニケーションスキルを強化できるRosetta Stone。
その有用性をぜひ頭の片隅に置いていただければ幸いです。

それでは、また。

by Dombe