革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

オフィシャルブログ

  • イベント報告
2016-11-15

第5回金融機関様ユーザ会を開催いたしました

みなさんこんにちは。マーケティング担当のchojiです。
アシストマイクロのシステムソリューション部門では、2016年9月7日、第5回となる金融機関様向けの製品ユーザ会を開催いたしました。今回はその内容や様子をご紹介いたします。

より、お客様にお役立ていただける会合をめざして

ソフトウェア製品の企画開発から販売、サポートまで行うシステムソリューション部門では、金融業向けのパッケージ製品を主軸として展開しており、2013年よりそのお客様を対象としたユーザ会を開催しています。

第5回を迎えるにあたり、チームでは「どんな内容にするか?」が議題となりました。
これまではお客様による活用事例のご講演やパートナー企業によるソリューションセミナー、弊社からの製品ロードマップ発表などを中心としたプログラム構成で行っており、評価をいただいてきましたが、「さらにお客様の役に立つ会にするにはどうしたらいいのか?」ということに、改めて向き合い意見交換を重ねました。

その結果、今回新たに2つの取組みをすることを決定しました。

  1. 金融分野専門のコンサルタントを招聘した基調講演
    金融機関がおかれている現況や課題、これから求められる在り方などについて、外部の専門家を招き、客観的な立場からの情報提供を行う。
  2. ユーザ様同士のグループディスカッション
    弊社の製品領域に限定せず、お客様が今まさに関心や課題をもっているテーマについて、自由に情報交換できる場を作る。

普段から弊社製品をお使いくださっている担当部門の方はもちろん、他部署や役席者の方々など、お客様機関全体にとって有益なイベントにしたい― そんな想いで準備を進めていきました。

当日の様子

それでは、当日の様子を簡単にご紹介していきます。

基調講演「地域金融機関を取り巻く環境と、現状の業務体制の課題、将来像」

基調講演では、金融分野の専門コンサルタントである株式会社NTTデータ経営研究所 金融政策コンサルティングユニットの西原 正浩様にご登壇いただき、金融機関、特に地域金融機関を取り巻く環境の変化から営業店の現状、有人店舗におけるオペレーションの状況や課題、そして、今後求められる取組みについて、包括的にお話いただきました。

ssgu5th-keynote 西原様による基調講演「地域金融機関を取り巻く環境と、現状の業務体制の課題、将来像」

講演では、人口減少をはじめとする市場の変化や、限られた人員で多数の金融商品を扱う営業店におけるさまざまな課題など、金融機関の現況をわかりやすく解説していただいたあとで、移動店舗車やポップアップ店舗による拠点展開、テレビ会議を活用した遠隔相談サービス、スマートフォンによる口座開設など、国内外の先進的な取組みを豊富にご紹介いただきました。

1時間にわたる講演の最後には、「すべての支店が画一的にすべての機能を備えるのではなく、立地条件等に応じて最適化できるよう、まずは有人チャネルが持つ要素や役割を分解してそれぞれの必要性をあらためて検討し、各種のチャネルが有機的に連携していくように整備することが求められる」との見解を示していただきました。

具体的な情報が盛りだくさんの本講演には、「とても参考になった」「時間が短い、もっとじっくり話を聞きたかった」とのお声が寄せられました。時間に関しては多少慌ただしくなってしまう結果となりましたが、講演内容は多くの方にご満足いただけたのではないかと思います。

グループディスカッション「事務処理ミス対策」&「業務の集中化・非集中化」

お客様同士で自由に意見・情報を交換するグループディスカッションでは、事前に興味関心分野についてアンケートを実施し、上位となった「事務処理ミス対策」「業務の集中化・非集中化」を今回のテーマとしました。

「事務処理ミス対策」では、各機関が取り組んでいる施策や教育体制、課題についての情報交換・意見交換を行いました。教育定着化のための取組みや評価への反映、テレビ会議を活用した遠隔教育の実施、インストラクターの派遣など、事務ミス削減のためにさまざまな対策が講じられていました。

「業務の集中化・非集中化」では、融資業務や相続業務、取引時確認書類の処理など、各機関が集中化している業務を中心にディスカッションが行われました。なかには同じ業務でも、センターを設置して集中化を推進している機関、集中化はせずにシステムを導入して業務効率化を図っている機関、と対応が分かれるものもありました。“どの業務をどこまで集中化することで、実際にどれだけ効率化されるのか?” 各機関が模索しながら取組みを進めている様子が見受けられました。

ssgu5th-discussion 各機関の取組みや課題について活発な意見交換が行われるグループディスカッション

双方のディスカッションを経てみて、共通の課題として “業務知識の豊富な人材の流出”“業務教育の機会減少”といった状況があることが見えてきました。定年退職等で経験の厚い職員が減ってOJTがなかなか行えない、業務集中化することで営業店の負担は減るものの、教育機会も少なくなり事務ミス発生の一因になる......大変悩ましい状況です。

ただ、業務経験者が減少していく状況を劇的に改善することは難しく、限りのある人員と時間で、いかに業務やサービスの質を担保していくかを考えていく必要があります。時間や場に左右されない業務教育の拡充や、経験の差もカバーできるような業務ナビゲーションの仕組みなど、ITソリューションによるサポートがひとつの打ち手になると感じました。こちらに関しては、今後皆様に具体的なご提案をしていけるよう、一同取り組んでいきます。

懇親会では特別ゲストもお迎え、より深いご交流の場に

さて、長時間のディスカッションを終えた後は懇親会!
お客様に始まりのご挨拶をいただき、毎回美味しいと評判のお料理とともに歓談の時間がはじまりました。

ssgu5th-social-gathering 懇親会ではお客様同士の情報交換や交流がさらに深まりました

懇親会では、いつもお客様同士の会話を楽しんでいただけているのですが、今回は今まで以上に打ち解けた雰囲気でにぎわっていました。おそらく、グループディスカッションですでに会話し、それぞれの状況を把握できていることがコミュニケーションを促進できたのだと思われます。時間内にその場で聞けなかったこと、話せなかったことをやりとりできるのも懇親会の大切な役割ですので、グループディスカッションのこんな予想外の効果になんだか嬉しくなってしまいました✿
(私自身もお客様にいろいろお話を聞いてみたいと思っていたので、会話に入る隙がなかったのは残念でしたが...(笑))

さらに、今回の懇親会では、金融法務を専門とする弁護士の方をはじめとするゲストもお招きしました。金融業務に詳しいゲストの皆様とのご交流は、参加されたお客様にとっても良い意見交換の機会にしていただけたのではないかと思います。

最後にお客様に中締めのご挨拶をいただき、ユーザ会は無事終幕を迎えました。

ユーザ会を終えて

ということで、第5回の金融機関様向けユーザ会を終えることができました。
プログラムの大部分が初めての企画という挑戦でしたが、お客様の参加者数も過去最高になり、8割を超えるアンケート回答者全員から「次も参加したい」というお声を頂戴でき、ご満足いただけたのではないか、と感じております。

一方で、事前の準備や当日の進行など至らないところも諸処あり、反省点も多くあります。企画の運営等については、ありがたいことに建設的なご意見をいただくことができ、次回以降に反映して、さらによい会合にしていきたいと強く思っております。

また、私個人としては、今回初めて企画の立案から集客、当日の進行補助、と全面的にイベントに関与するという役割を担当させていただきました。ほとんど直接ご挨拶をしたことのない状態からのスタートでしたが、お客様とお電話やメールでやりとりしたり、当日の懇親会などで直接お話しすることで、さまざまなお声を伺うことができ、とても貴重な経験ができました。

皆様がどんなことにお困りなのか、それに対して私たちアシストマイクロは何ができるのか。
このユーザ会を通じて得られたものを、普段の事業活動のなかで見据えながら、お客様のご要望や課題にさらにお応えしていきたいと思います。

最後になりましたが、ご参加いただいたユーザの皆様、当日欠席でも事前アンケートやヒアリングシートにご協力くださった皆様、懇親会ゲストの皆様、そして貴重なお話をご講演いただいた西原様。
皆様のお力添えとご厚意に、心からお礼申し上げます。

by choji