革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

MIC Risk Solutions株式会社様

case-eyecatch-mrs

導入先

MIC Risk Solutions株式会社様

業種

金融・保険業

製品・サービス

    BP Director

厳格な業務プロセス管理と正確な書類作成、そしてPDCAによる改善の反映 ― 柔軟なカスタマイズ性を評価してBP Directorを採用

MIC Risk Solutions株式会社(以下MRS)は、三井物産グループの保険ブローカーとして、各種海外プロジェクトにおける保険アドバイザーサービスと保険ブローキング(契約の媒介)、リスクマネジメントのサポートを展開しています。MRSでは、この契約関連業務のプロセス管理でBPMソフトウェア「BP Director」を採用、2013年6月から運用を開始しています。その経緯や効果について、部長の吉田 秋一氏に伺いました。

コンプライアンス遵守のベースを作るために

高度な専門知識と専門資格を持つ保険リスクマネジメントの専門集団である保険ブローカー。保険代理店が保険会社の委託を受けて保険契約の締結を代行するのに対して、保険ブローカーは保険会社とは完全に独立し、保険契約者であるお客様の立場に立って、最適と思われる保険契約のアレンジ・締結を行います。

とりわけ海外プロジェクト案件を手がける場合、グローバルな視点から世界中の保険業者のサービスを比較検討し、ベストなものをお客様に提案しなければならず、そのための書類や業務フローに不備は許されません。契約上の不備は、単なる過失ということではなく、いざというときに保険が適用されない等の最悪の事態を招きかねないからです。

従来のように個々人の経験による情報・事務処理では正確性やコンプライアンスを確保できない ― そこで、書類作成や申請フローなどのビジネスプロセスの電子化に着手。書類の項目内容を変更・改善しながら業務プロセスに反映していくPDCAをまわすために、単なるワークフロー製品ではなくBPMソリューションを検討、そして現場手動によるメンテナンスのしやすさから「BP Director」を採用することを決定しました。

※本導入事例の全文はパンフレットでご覧いただけます。
導入の経緯や評価のポイント、効果などの詳細をお知りになりたい方は、以下のお問い合わせフォームより導入事例パンフレットをご請求ください。

当社はその仕事の性質上、厳格な業務プロセス管理と正確な書類作成が求められています。BP Directorは、その利便性と、今後の企業展開をにらんだ拡張性に優れていると判断し、導入を決定しました。

今後、BPMは必須のシステムとなるでしょう。 BP Directorはスモールスタートで柔軟に発展・拡張していくことができ、運用コストも大幅に削減可能です。

― MIC Risk Solutions株式会社 部長(マリン・エネルギーチームリーダー) 吉田 秋一氏

この導入事例の全文を読む

本導入事例の全文はパンフレットでご覧いただけます。
導入の経緯や評価のポイント、効果などの詳細をお知りになりたい方は、以下のお問い合わせフォームより導入事例パンフレットをご請求ください。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F

同じ製品の導入事例