革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

株式会社しんきんカード様(マイクロフィルム電子化編)

casestudy-eyecatch-mf

導入先

株式会社しんきんカード様(マイクロフィルム電子化編)

業種

金融・保険業

製品・サービス

    電子化サービス

マイクロフィルムの電子化&照会システムで、照会業務の効率化と保管コストの削減を実現

しんきんカード様は、1980年に関東甲信越・北海道・沖縄の信用金庫の出資により設立されたクレジットカード会社です。各地域の信用金庫との緊密な連携を反映したクオリティの高い顧客サービスで、地域経済の発展に貢献されています。国内カード発行数が2億6,000万枚を超え、競争激化の一途をたどるカード業界のなかで、同社の「しんきんカード」は81万人を超える会員と13万6,000店の加盟店という多くのお客様に利用されています。VISA・MasterCard・JCBの3ブランドとの提携によるワールドワイドな利便性、そして信用金庫の持つ地域密着性を活かしたきめ細やかな顧客サービスが、このようなお客様からの厚い信頼と実績につながっているといえるでしょう。

そんなしんきんカード様では、長いあいだお客様の申込書類の運用にマイクロフィルムを活用されてきました。しかし、迅速な照会ができない等、マイクロフィルムの短所が業務に支障を来たすようになりました。申込書類を効率よく安全に運用できる手段として電子化を採用されたしんきんカード様に、その効果を伺いました。

これまでの問題点:照会業務への支障とセキュリティへの不安

現在のようにITが発展する以前、しんきんカードでは、申込書類の円滑な運用のためにマイクロフィルムを採用していました。紙のままでは管理が煩雑な書類も、マイクロフィルムなら1巻で2,500枚の情報を保持することができ、カートリッジに複製すれば検索も可能になるという利点があったためです。

しかし、事業が発展しお客様が増えるにつれ、業務への支障が現れるようになりました。例えば照会業務では、まずマイクロフィルムの管理室へ移動し、該当書類の映ったマイクロフィルムを探して、専用リーダプリンタで書類を出力しなければ閲覧もできません。この作業1件に4、5分は要します。リーダプリンタは2台しかなく、処理業務が500~600件と集中する月初は、その作業だけで1、2日つぶれてしまうほどでした。

また、セキュリティの面でも不安がありました。マイクロフィルムは専用キャビネットで管理していましたが、利用履歴を厳密に残すことができません。 肉眼でも情報の読み取れるマイクロフィルムが万が一紛失すれば、当社の信用は失墜します。申込書類を効率よく安全に運用できる新しい方法がどうしても必要でした。

すべてのマイクロフィルムを電子化して運用しましょう―アシストマイクロの提案は、撮影された書類をイメージデータ化しシステムで活用するというものでした。データなら手元のPCから書類が閲覧でき、さらにアクセス権限やログの管理も可能になります。マイクロフィルムでの運用に限界を感じていた当社はこの提案を採択することを決定しました。

アシストマイクロのサービス内容:コンバートからシステム導入までワンストップ

【全体のながれ】

  1. マイクロフィルムのお預かり
  2. マイクロフィルムのコンバート、イメージデータ作成
  3. インデックスデータの作成、付与
  4. 完成データを申込書照会システムサーバに初期移行
  5. 申込書照会システムの導入(ご納品)

【作業概要】

  • 資料:16mmロールフィルム(カード会員申込書) 1500巻(370万コマ)
  • 数量:イメージデータ(TIFF形式) 370万ファイル、インデックスデータ 370万件
  • 作業期間:2002年3月~2002年9月

導入効果:デジタル化が実現した効率化と安全性

1件5分の照会時間が、わずか10秒へ!!

しんきんカードのご担当者様

申込書類をデジタル化したことで、ネットワークを介したすべてのPCから閲覧ができるようになりました。以前は、わざわざ管理室まで移動して目的のマイクロフィルムを探し、リーダプリンタが空くのを待たなければなりませんでしたが、今ではデスクでそのまま確認できます。

また、各支店で照会業務が発生したときも、本社に依頼することなく必要な書類が閲覧できるため、お客様を余分にお待たせすることがなくなりました。顧客満足度の向上に大きな効果を生んでいます。

サーバでの一元管理がセキュリティを向上

申込書類のデジタルデータはサーバでの一元的管理を実現しました。申込書照会システムにはアクセス権限を持たせ、関係者以外は社員でも閲覧できません。もちろん、データの利用履歴をとっていますので、いつ・だれが・どのように利用したかがすぐに確認できます。マイクロフィルムのように紛失や劣化を心配する必要もありません。

管理室がまるごとなくなる!マイクロフィルムの管理コストを削減

デジタル化を機にマイクロフィルムの運用を取りやめ、不要な原本は廃棄としました。社内でフィルムを保管する必要もなくなり、キャビネットやリーダプリンタも処分しました。リーダプリンタは、ランプが切れる・フィルムが巻き取れない等の故障が多く、かなりの修理費がかかっていましたが、そのようなコストももう発生しません。また、管理室自体が不要になり、設備面の大幅なスリム化にも効果がありました。

アシストマイクロ担当者より

マイクロフィルムをすべてデジタル化されたしんきんカード様からは、現在申込書類(紙)のスキャニングをお任せいただいています。マイクロフィルムや紙といった保存媒体の異なる文書情報でも、デジタル化すればサーバ等での一元管理が実現できます。これは、業務の効率化にもセキュリティ強化にも大きな効果をもたらすことといえるでしょう。今後も書類運用への支援を通じて、しんきんカード様の目指される安全な情報管理と迅速な業務対応に貢献できるよう努めてまいります。

USER PROFILE:株式会社しんきんカード

1980年9月1日、関東甲信越、北海道及び沖縄の信用金庫が共同出資して設立。国内外に通用する「しんきんカード(VISA・MasterCard・JCB)」を発行し、信用金庫と相携えて地域におけるクレジットカードの大衆化を図り、地域経済ひいては地域の信用金庫の発展を目指しています。

本社:東京都
設立:1980年9月
資本金:3億3,000万円
社員数:201名
カード会員数:810,749人
加盟店数:136,440店
http://www.shinkincard.co.jp/
(2006年10月時点)

  • 本導入事例は2006年10月の取材に基づくものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
  • 本文中に記載されている社名、製品名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
  • 本導入事例・電子化サービスに関するご照会は以下のお問い合わせ先までお気軽にお寄せください。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F

同じ製品の導入事例