革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

千葉大学附属図書館様

casestudy-library

導入先

千葉大学附属図書館様

業種

教育機関

製品・サービス

    機関リポジトリコンテンツ作成サービス

機関リポジトリ用コンテンツとして、学術資料のPDF化や書誌情報・抄録データを作成

千葉大学附属図書館様は、平成14年に国内で初めてリポジトリ構築に取り組まれた先進的な大学図書館のひとつです。現在、千葉大学学術成果リポジトリ「CURATOR(キュレータ)」は登録コンテンツ4,900件を越え(※注:事例作成2007年当時)、豊富な学術情報をさまざまな方面へ提供する一方で、リポジトリへの理解を広げるためのワークショップを開催するなど、意欲的に活動されています。「CURATOR」は、2006年6月にエルゼビア社の学術情報検索エンジン「Scirus(サイラス)」とパートナーシップを締結、今後の全世界的な研究シーンへの貢献が期待されています。

アシストマイクロでは、千葉大学附属図書館様のリポジトリコンテンツ作成をお手伝いいたしました。

アシストマイクロのサービス内容

千葉大学附属図書館様に、以下のようなご支援をさせていただきました。

【作業内容】

  1. 冊子のスキャニングおよびPDF化、カラー画像の埋め込み・修正
  2. 電子ファイルのPDF変換
  3. PDFデータのOCR処理
  4. 書誌情報作成、抄録入力
  5. 書誌情報・抄録・PDFデータのリポジトリ登録 ※登録の時点で納品となります

【登録コンテンツ】

学術雑誌論文、雑誌論文、学位論文(博士論文)、科研費報告書、COE報告書、など

サービスの導入効果

当社サービスを採用されたメリットを、千葉大学附属図書館のリポジトリ担当者様からお伺いしました。

手間のかかる登録前作業がスムーズに

図書館の職員ではなかなかうまくいかない冊子のスキャニングや画像修正、OCR処理など、手間のかかる作業をすべて委託でき、登録コンテンツをスムーズに充実させることができました。

要望に沿った細やかなコンテンツづくり

論文の画像作成において、「一部分のみカラー」等の細かい指定をしましたが、そのような要望にもひとつひとつ対応してもらえました。また、抄録や書誌情 報、キーワードの登録では、すでに存在しているNII「科研費データベース」のキーワードと一件一件照合したうえで、正確なデータを“CURATOR”に 登録できました。

著作権への意識をもった作業

リポジトリへの登録は、単にデータを投入するというような機械的に行えるものではありません。コンテンツそれぞれに著作権があります。そのような問題意識をもって打合せをしてもらえるため、コンテンツの取扱いで留意してほしい点なども相談しやすく助かりました。

千葉大学学術成果リポジトリ「CURATOR」
curator

千葉大学内で生産される学術情報を発信、多方面で利用されている。アジア太平洋地域における初のScirus検索対象。
登録コンテンツ数4,900件(2007年1月時点)。
http://mitizane.ll.chiba-u.jp/curator/

  • 本導入事例は2007年1月の取材に基づくものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
  • 本文中に記載されている社名、製品名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
  • 本導入事例・機関リポジトリコンテンツ作成サービスに関するご照会は以下のお問い合わせ先までお気軽にお寄せください。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F