革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

ニュース

  • PRESS RELEASE
2011-03-10

アシストマイクロとフィオラノ ソフトウェア、 BPM+SOAソリューションの提供で戦略的提携 『現場主導のBPM』BP LogixとFiorano SOAとを連携したソリューションの販売アライアンスを締結

SOAをはじめとする総合ミドルウェアを手がけるフィオラノ ソフトウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:青島 茂、以下、フィオラノ ソフトウェア)と、米国BP Logix,Inc.のBP Logix製品日本総販売代理店アシストマイクロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:百瀬 太郎、以下、アシストマイクロ)は、このほどヒューマンセントリックなBPM製品BP Logixと高可用性、スケーラビリティと優れたパフォーマンスを持つ製品Fiorano SOA Platformを連携し、戦略的アライアンスを締結、共同で販売していくことを発表いたします。

戦略的アライアンスがもたらすメリット

今回のアライアンスにより、販売およびプロモーション面での両社の協業を推進して参ります。両社が持つソリューションを連携させることにより、『現場主導のBPM』を促進するヒューマンセントリックなBP Logixのインタフェースを提供し、大規模導入とERPやコア業務システムとのコネクティビティをFiorano SOA Platformが実現することで、『BPM+SOAがもたらすITによる競争優位性の確保』を実現し、変化の予測がつかないニューノーマルな時代において、業務とITの距離を縮め、変化への迅速な対応を実現する最良のソリューションとなると確信しております。

Fiorano SOA PlatformとBP Logixとの連携について

Fiorano SOA Platformは、製品内に組み込まれている60種類を超えるプリ・ビルドされたサービス・コンポーネントを自在に組み合わせることで企業内外に分散されたアプリケーションを統合します。Fioranoのコンポーネント・アーキテクチャは、開発期間を飛躍的に短縮します。

一方、BP LogixはMicrosoft Wordでのeフォーム機能(画面帳票設計)とドラッグ&ドロップによるワークフロー設計など、エンドユーザ自らが業務改善に取り組めるようなBPM製品 であり、ノンプログラミングを指向しています。Webサービスとの連携も可能であり、SOAのインフラストラクチャーにヒューマンインタフェースを補完します。業務改善にはPDCAサイクルのA(アクション)が迅速であることが肝要です。

フィオラノ ソフトウェアが販売するFiorano SOA Platformとアシストマイクロが販売するBP Logixを組み合わせることにより、部門単位はもちろん、全社規模でのイントラネットや、グループ企業内、さらにはグローバルなインフラを構築すること が可能になります。両製品の持つ可能性は、これまで全体最適が困難であった組織全体の業務改善を実現するために、この度パートナー契約を締結し、両製品の連携を実現しました。

今後、両社は共同で、エンドユーザおよびシステム・インテグレータの支援を推進するとともに、セミナー開催やマーケティング活動を行い、総合ソリューションの拡販を目指します。

アシストマイクロについて

1976年の創業以来、データベースに特化した事業を展開し、高い信用を培ってきました。文書管理を柱とし、業務文書の電子化、データベース構築、ドキュメント管理システムの開発販売まで最新IT 技術を駆使した事業を展開しています。
2004年4月ECM製品Xythos、2009年10月次世代Web会議システムBizNuri、2010年10月BPM製品BP Logix日本総販売代理店契約(BizNuriについては代理店契約)を各々締結し、お客様の経営課題にフォーカスした海外IT製品のディストリビュー ションをコア事業としています。BP LogixはJohnson & Johnson、NECラボラトリーズ、Abbott、LIQUID CONTROL、RALPH LAUREN、National Institutes of Mental Healthなど世界的なリーダー企業で採用されております。

アシストマイクロ株式会社 http://www.assistmicro.co.jp/
BP Logix 製品プロモーションサイト http://www.bplogix.jp/

フィオラノ ソフトウェア株式会社について

フィオラノ ソフトウェア株式会社は、Fiorano Softwareグループの一員として、日本市場における製品販売および顧客サポートをパートナー企業と共に行っています。
Fiorano Softwareグループは、ビジネスプロセスインテグレーションおよびメッセージング技術で市場をリードしている企業グループです。Fiorano Softwareのソリューションは、インターオペラビリティ、パフォーマンス、スケーラビリティ、ROIなどの面で新たなパラダイムをもたらしていま す。ABN AMRO、ボーイング、ブリティッシュテレコム、Capgemini、マッケンソン、NASA、POSCO、シュルンベルジェ、ロッキードマーチン、合衆 国沿岸警備隊、ボーダフォンなどの世界的なリーダー企業でFioranoの技術が採用されており、企業のバックボーン・システムとして稼働しております。

フィオラノ ソフトウェア株式会社 http://www.fiorano.jp/
製品紹介ページ http://www.fiorano.com/jp/products/products.php

 

リリースに関するお問い合わせ先

アシストマイクロ株式会社(BP Logix製品 日本総販売代理店)
BP Logix Japan Project
担当:荒川
TEL:03-5340-1541(代表)
E-mail:bpl_info@assistmicro.co.jp
URL:http://www.bplogix.jp/

フィオラノ ソフトウェア株式会社(銀座オフィス)
担当:青島
TEL:03-6228-4162
E-mail:info@fiorano.com
URL:http://www.fiorano.jp/

以上

本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

※記載されている内容は発表時点の情報であり、現在の状況とは異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※記載されている内容は発表時点の情報であり、現在の状況とは異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。