革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

ニュース

  • PRESS RELEASE
  • Moodlerooms
2015-02-18

アシストマイクロがクラウドベースの学習管理システム(LMS) 「Moodlerooms(ムードルルームス)」を提供開始 ~企業の人材教育ニーズをサポートするソリューション~

アシストマイクロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:百瀬 太郎、以下 アシストマイクロ)は、米国Blackboard, Inc.(ブラックボード社)が提供するクラウドベースの学習管理システム(LMS)「Moodlerooms(ムードルルームス)」を2015年4月1日より提供開始いたします。アシストマイクロは、特に民間企業をターゲット顧客とし、人材育成戦略を実行するための最適なプラットフォームとして「Moodlerooms」を提案していく予定です。

「Moodlerooms」は、国内外に多くのユーザを持つオープンソースのLMS「Moodle(ムードル)」を強固なクラウドホスティングで提供します。モダンで携帯端末対応のユーザインタフェースと評定やレポーティングをはじめとする拡張機能により、「Moodlerooms」はよりよい学習体験を提供し、海外では既に数百に上る企業、団体に利用されています。

特長

  • 学習者に応じたパーソナライズ機能
    学習者の特性や進捗に応じて学習コースを設計、改変できます。個々人に最適化された学習が可能です。
  • クラウドベースのシステム
    クラウドベースのためサーバが不要。メンテナンスの労力から開放されます。
  • モバイル対応
    PCのみならずタブレット、スマートフォンにも対応しています。いつでもどこでも学習が可能です。
「Moodlerooms」インターフェース画面 「Moodlerooms」インターフェース画面
学習パーソナライズ機能を使った学習設計例 学習パーソナライズ機能を使った学習設計例

当ビジネス開始の背景

アシストマイクロは、過去数年間に渡り、ブラックボード社の販売代理店として、日本の機関に対し最先端の教育技術ソリューションとサービスを提供し、それら機関における学習者の教育的成功をサポートしてきました。その他にも文教市場向けのソリューションを数多く手がけ、2014年、民間企業の従業員教育を念頭にロゼッタストーン社の言語学習ソリューションの販売を開始。今回、更に企業対応を推し進め、「戦略的人材マネジメント」などの課題解決の一助として、「Moodlerooms」ソリューションを提供する運びとなりました。

今後のイベント

「Moodle」のユーザ会「ムードル・ムート2015」において、アシストマイクロは「Moodlerooms」の発表と講演を行います。

  • 日時 2015年2月21日(土) 15:50より
  • 会場 京都産業大学 Room 5406
  • URL http://www.assistmicro.co.jp/news/2015/20150220moot2015/

アシストマイクロ 会社概要

社名 アシストマイクロ株式会社
代表者 代表取締役社長 百瀬 太郎
本社所在地 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F
URL http://www.assistmicro.co.jp/
設立 1976年
事業内容
  • 海外ソフトウェアプロダクトの販売・サポート
  • 文書管理製品の開発・販売・運用・サポート
  • 文書管理関連サービスの提供(各種媒体の電子化業務)
アシストマイクロ株式会社は、“世界の革新的なソフトウェアを日本レベルの品質でお客様にお届けする” ことを企業ミッションとし、海外ソフトウェアのディストリビューション(販売代理)を中心に、自社システム開発、コンテンツ電子化という3つの事業を展開し、お客様の経営課題にフォーカスした業務改善のためのITソリューションを提供しています。

以上

本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

リリースに関するお問い合わせ先

アシストマイクロ株式会社
ソフトウェア ディストリビューション グループ
〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F
TEL: 03-5302-2981
E-mail: mr_info@assistmicro.co.jp

* 本リリースのPDF版はこちらからご覧いただけます。

※記載されている内容は発表時点の情報であり、現在の状況とは異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。