革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

ニュース

  • PRESS RELEASE
  • Rosetta Stone
2015-09-30

麗澤大学がオンライン言語学習ソリューション「Rosetta Stone®」を活用し24言語から好きな言語を学び単認定される新科目「グローバルCAI」を開講

麗澤大学(千葉県柏市)は、アシストマイクロ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:百瀬太郎)が提供する米国Rosetta Stone Inc.(本社:米国バージニア州、代表:John Hass)の言語学習ソリューション「Rosetta Stone®」を利用した新科目「グローバルCAI*1」を2015年4月より開講しました。

「グローバルCAI」は、24言語をオンラインで学習できるプログラムRosetta Stone®を利用しており、学生は24言語の中から学びたい言語を1つ選んで履修します。学生は教室や時限を設定せず、PC、タブレットPC、スマートフォンを用いて都合のよい時間に学習できます。専攻・学年に関係なく履修でき、2つのレベルを修了すると、単位が認定されます。修了後に単位認定されることにより、学生の学習意欲を高めることが期待できます。

麗澤大学では、グローバル社会に求められる多様な視点を身につけてもらうため、多言語習得を奨励しています。大学が提供できる語学の科目には限りがある中で、24言語を提供できる「グローバルCAI」には、多言語習得の可能性を広げる方法として、大きな期待が寄せられています。

Rosetta Stone®導入経緯

麗澤大学外国語学部准教授(ドイツ語・ドイツ文化専攻)の草本晶氏は、学生が授業以外にも語学をトレーニングできる機会を増やすために、eラーニングの導入を検討してきました。「語学は、スポーツや音楽と同じように、トレーニングをすればするほど上達します。しかし、授業の限られた時間だけでは十分な量のトレーニングはできません。そこで、授業を補うツールとしてeラーニングの活用を考えました」(草本氏、以下同)

eラーニング教材を検討する中で、草本氏の目に止まったのがRosetta Stone®でした。「写真を見て、発音を聴き、話すことを繰り返すうちに、文法を意識することなく言葉が自然に身につく仕組みで、これなら文法が苦手な学生たちも、楽しく学べそうだと感じました」。2010年度に試行的にRosetta Stone®を導入し、ドイツ語を希望する学生に受講させてみたところ、意欲のある学生には学習効果がはっきりと表れることを確認。2012年度に単位認定が認められ、さらに翌年度には英語も対象科目となりました。

麗澤大学では、学生に留学を積極的に勧めています。草本氏は、留学に必要なTOEICスコアの基準点に達していない学生に対して、Rosetta Stone®を3カ月間集中的に学習させることによって、基準点をクリアできるようにしています。

2014年には、Rosetta Stone®を活用した取り組みが大学から評価され、草本氏は教育奨励賞を授賞しました。そして2015年度、これまでの活動をさらに発展させる形で、「グローバルCAI」を開講するに至りました。草本氏は、現在国内でしか履修できない「グローバルCAI」を、今後留学先でも履修できるようにし、学生が多言語に触れる機会を増やしていきたいと考えています。

アシストマイクロは、学生の自発的な言語学習を促進する「グローバルCAI」にRosetta Stone®が利用されていることについて、麗澤大学の多言語習得を奨励する教育方針に、製品の持つ多言語対応や直感的に外国語を習得できる学習プログラムという特長が合致できたと捉えています。 今後も、製品提供だけに留まらず、活用方法をはじめとする運用面でのサポートも含めて、大学をはじめとする教育機関やその他法人における語学教育を支援してまいります。

*1 CAI
Computer Assisted Instruction(コンピューター支援教育)の略。

麗澤大学について

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園が開設されています。また留学生の受け入れも積極的に行われており、キャンパスには世界21の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。
平成28年3月には廣池千九郎 生誕150年の節目の年となり、様々な記念事業が予定されております。

アシストマイクロについて

アシストマイクロ株式会社は、“世界の革新的なソフトウェアを日本レベルの品質でお客様にお届けする”ことを企業ミッションとし、海外ソフトウェアのディストリビューション(販売代理)を中心に、自社システム開発、コンテンツ電子化という3つの事業を展開し、お客様の経営課題にフォーカスした業務改善のためのITソリューションを提供しています。2016年5月には設立40周年を迎えます。

Rosetta Stone Inc.について

個人、教室、企業/学校などあらゆる規模のユーザに対しITを駆使した言語学習ソリューションを提供する世界におけるリーディングカンパニー。拡張性が高くインタラクティブな同社ソリューションは150ヶ国以上の国々の数百万人にのぼる学習者に使用されており、世界の12,000以上の企業、9,000の公共機関、22,000の教育機関に導入されています。1992年設立。

以上

本リリースに記載された会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

リリースに関するお問い合わせ先

学校法人廣池学園 麗澤大学 入試広報グループ 担当:野村(のむら)
〒277-8686 千葉県柏市光ヶ丘2-1-1
TEL:04-7173-3030 FAX:04-7173-3585
Email: pr@reitaku-u.ac.jp
URL: http://www.reitaku-u.ac.jp/

アシストマイクロ株式会社 Rosetta Stone Project 担当:宮園(みやぞの)
〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F
TEL:03-5302-2981
Email: rs_info@assistmicro.co.jp
URL: http://www.assistmicro.co.jp/
製品紹介ページ: http://www.assistmicro.co.jp/products-category/rosettastone/
導入事例記事: http://www.assistmicro.co.jp/cases/rosettastone-reitakuuniv/

* 本リリースのPDF版はこちらからご覧いただけます。

※記載されている内容は発表時点の情報であり、現在の状況とは異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。