革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

機関リポジトリコンテンツ作成サービス

機関リポジトリのコンテンツを、いっぱいに。

論文電子化や書誌情報の入力・編集、手間のかかるコンテンツ作成はすべておまかせ!

「機関リポジトリコンテンツ作成サービス」は、博士論文や報告書といったさまざまな学術資料を機関リポジトリ用の電子コンテンツにするサービスです。大量な論文の電子化や書誌情報(メタデータ)の入力など、手間のかかる作業をおまかせいただけますので、手軽に公開コンテンツを増やすことが可能です。

機関リポジトリは、大学図書館や研究機関をはじめとする多くの学術機関で、その独自の学術情報を集約・公開するアーカイブシステムとして運用されています。

アシストマイクロの機関リポジトリコンテンツ作成サービスは、学術機関の皆様が保有しているさまざまな学術情報をデジタル化し、機関リポジトリやWeb上で公開できるコンテンツデータにするサービスです。紙媒体で存在している過去の論文、書誌情報のデータ入力など、コンテンツデータを作成する作業をおまかせいただきけます。価値ある学術情報、手間をかけずに公開しませんか?

価値ある学術情報を手間なくデジタル化、公開をサポート

お客様の機関リポジトリにあわせてコンテンツデータを作成

  

学術資料のコンテンツデータは、お客様の機関リポジトリ環境に合わせた仕様で作成します。DspaceやXooNIpsといったリポジトリシステム、独自システム…と、どのようなリポジトリシステムでもご相談ください。論文や資料のスキャニング、テキストデータ化、書誌情報の入力など、必要な作業はアシストマイクロで対応、すぐに登録できるコンテンツデータを作成します。

専門スタッフと専用設備で、高品質なコンテンツデータを可能に

  

学術情報の取り扱いには専門の知識とスキルを持つスタッフが対応、さまざまな学術資料を適切にコンテンツ化します。解体できない書籍や論文集、貴重書なども、専用ブックスキャナや高精細なデジタルカメラによる撮影で電子化し、高品質なコンテンツデータを高い生産性で作成します。

既存データの加工や登録、著作権処理作業のサポートも

  

登録したい学術情報はたくさんあるけど、その準備が大変…そんなコンテンツ作成の周辺作業もご相談ください。たとえば、既存の電子化コンテンツからのリポジトリ用メタデータを作成・編集したり、著作者に掲載許可を得るための通知業務を代行したり、お忙しい担当者様を幅広くお手伝いします。

機関リポジトリコンテンツ作成サービスのながれ

サービスの基本的なながれや内容は次のとおりです。ご相談は無償ですので、まずはお客様のご要望についてお聞かせください。

  1. ご要望の確認
    登録されたい学術資料の種類やデータ仕様についてヒアリング
  2. お見積のご提示
    作業内容に基づいた費用をご提示(条件があえばご発注、作業スタートとなります)
  3. コンテンツ作成
    お預かりした学術資料のPDF化やメタデータの作成、電子図書館やNII登録済みデータの移行・編集作業など
  4. ご納品・ご検収
    媒体等によるデータご納品、原本のご返却(機関リポジトリへの登録代行もご相談ください)

対象となる学術資料の一例

  • 学位論文(博士論文など)、紀要論文、学術雑誌掲載論文
  • 科学研究費補助金成果報告書
  • シラバス、電子教材
  • プレプリント
  • 貴重書

ほか

データの仕様について

コンテンツデータは貴機関のリポジトリシステムにあわせて作成します。また、すでに電子図書館や国立情報学研究所(NII)のデータベースに存在しているメタデータをお持ちの場合は、機関リポジトリの標準仕様を満たすように再編集することも可能です。

機関リポジトリ
機関リポジトリ(Institutional repository)は、学術機関で生産された電子的な学術情報を保管・公開するための電子アーカイブシステム。デジタル学術情報とそのメタデータ(書誌情報など)をシステムに登録・蓄積し、それをネットワークに連携することで、学術情報の機関内外への発信と長期的保存を実現する。
日本では 2004年をはじまりに、2015年12月現在、450件にのぼる機関リポジトリが構築・運用されている(参照:国立情報学研究所様「学術機関リポジトリ構築連携支援事業」サイト)。

機関リポジトリコンテンツ作成サービスに関するお問い合わせ

博士論文のインターネット公開が義務化されるなど、学術情報のオープン化が推進されています。あらかじめ電子データで作成された学術情報はすぐに登録や公開ができますが、既存の学術情報はまだまだというケースも多いのではないでしょうか。価値のある学術情報を世界に公開していくために、ぜひ本サービスをご活用ください。

機関リポジトリコンテンツ作成サービスに関するご照会は、以下のお問い合わせ先までお気軽にお寄せください。

* アシストマイクロでは、機関リポジトリへの登録・公開以外でも、博士論文などをはじめとする学術論文や各種資料の電子化サービスをご提供しています。ぜひご相談ください。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F

お客様の声

機関リポジトリコンテンツ作成サービスについてのよくあるご質問

機関リポジトリ向け以外でも、学術論文や資料の電子化をしてもらえますか
はい、機関リポジトリへの登録・公開以外の目的でも、多くの学術論文や各種資料の電子化をお手伝いしております。学術情報の利活用や貴重資料の保全など、お客様の目的にあわせて適切なデータの作成や運用方法のご提案をいたします。
詳細は電子化サービスをご参照ください。
機関リポジトリコンテンツ作成サービスは、どのような実績がありますか
本サービスは、全国各地の大学図書館様、官公庁や研究機関の付設図書館様など、機関リポジトリを運用されている20以上のお客様にご利用いただいています。
また、作業内容も、博士論文や紀要、研究費報告書といった各種学術資料のPDF化から、書誌情報などのメタデータ入力・加工、リポジトリシステムへの登録など、幅広く対応しています。
機関リポジトリに登録するコンテンツは、どんな形式が適しているのでしょうか
機関リポジトリを含め、インターネットでの学術情報公開では、一般的にPDF形式がもっとも多く採用されています。無償ビューアーが浸透していることやデータ形式がISOとして規格化されているなど、安定した利用環境が確立されていることが背景にあります。
学術資料のコンテンツ化では、紙媒体の論文や資料から内容検索が可能なPDFデータを作成するケースがよく利用されています(スキャニングした画像データに、OCR等で読み取り・変換したテキストデータを付与)。アシストマイクロでは、お客様のご要望や既存環境にそったコンテンツデータを作成いたします。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F