革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

事務リスク低減・個人情報漏えい対策

窓口業務の事務処理を迅速・厳正に行いたい

事務リスク低減ソリューションイメージ
データ、現物、業務―3つの管理で事務リスク(オペレーショナルリスク)を低減

金融機関の窓口業務は、決済業務の拡大や販売商品の増加、法改正など、さまざまな状況から複雑化しているだけでなく、バーゼル2におけるリスクの適用範囲に“オペレーショナルリスク”として加えられるなど、より厳正な対応も求められています。オペレーショナルリスクのうち、特に事務リスクは個人情報漏えいなどにつながる可能性が高く、適切な対策が重要です。

お客様のよくある課題

  • 不正行為や業務ミスといった事務リスクを低減するためには、何を行えばいいのか
  • 複雑化している窓口業務のフローをシンプルにして、迅速化できないだろうか
  • 業務が属人化しがちで、発生したミスのフォローや不正の発見・対応が遅れるリスクがある

弊社からのご提案

オペレーショナルリスクのひとつである「事務リスク」。そのなかでもっとも甚大な影響を及ぼすものは、やはり個人情報の漏えいではないでしょうか。

個人情報漏えいというとパソコンやUSBメモリなどの電子データが注目されがちですが、紙文書の紛失や業務における処理の誤操作・管理ミスなど、現物や業務体制自体にも、そのリスクが内在しています。このような事務リスクを未然に防ぐためには、ITを適切に取り入れ、セキュリティ強化や事務処理の統制を行うことが効果的です。

アシストマイクロは、「現物管理」「データ管理」「業務管理」という3つの観点から、事務リスクを防止するためにITができることをまとめました。業務ミスによって引き起こされる情報漏えいを防止する対策、そして、まず業務ミスが発生しないような業務管理方法にはどんなものがあるのか、その一例としてご覧ください。

コンテンツ

  1. 個人情報漏洩が与える影響
  2. 事務リスク低減の為にITができること<現物管理>
  3. 事務リスク低減の為にITができること<データ管理>
  4. 事務リスク低減の為にITができること<業務管理>
  5. アシストマイクロが提供する事務リスク低減ソリューション

※上記コンテンツがうまく閲覧できない方は、下記のPDF版をご覧ください(2.6MB)。

関連商品のご紹介

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F