革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

学術情報の剽窃対策

学術論文やレポートに剽窃がないか、効率的にチェックしたい

solution-plagiarism
剽窃や盗作を検知・防止し、論文をはじめとする著作物への正当な評価を守るために

学術情報のデジタル化やインターネットの普及によって膨大な情報を簡単に参照できる現在、学術界では論文をはじめとする著作物の剽窃(ひょうせつ)や盗用と呼ばれる不正行為が大きな問題となっており、公開前の発見・是正が求められています。また、学生の間では不適切な“コピペ”等が論文・レポートの作成で行われることも多く、教育機関における適切な指導がより重要になっています。では、インターネットや公開済みの学術情報、学生同士のレポート共有…膨大な既存の学術情報をどのようにチェックすればよいのでしょうか?

お客様のよくある課題

  • インターネットの公開情報に各種の学術雑誌…… 網羅的なチェックに負担がかかっている
  • 学術機関・研究機関として、研究者に論文の不備がないことを確認できる体制を提供したい
  • 大学として、学生が書いた学位論文に不正なコピペがないことをきちんと調べたい
  • 学生に正しい学術文章の作成スキルやマナーを教育していきたい

弊社からのご提案

剽窃防止には、膨大な学術情報とのチェックが不可欠。効率的に行うためには専用ツールが効果的です。

剽窃や盗作という不正行為は、著者やその所属組織、出版機関等の信頼や評価に多大な影響を与えます。故意だけでなく、引用の表記もれや自己剽窃、共著部分の不備など、さまざまな要因によって剽窃と判断される可能性があります。

未然に防止するためには、論文等の著作物を公開・発表する前に、既存の学術情報と照合し、不適切な使用をしていないか調査することが重要です。

でも、インターネットをいちいち検索したり、複数の学術情報データベースを確認したり……
人手での調査には時間がかかりますし、どうしても限界がありますよね。

そんな課題にお応えするのが、剽窃・盗作を検知する「Turnitin」(ターンイットイン)「iThenticate」(アイセンティケイト)です。

「Turnitin」・「iThenticate」は、500億以上のWebページや主要な学術データベースをはじめとする膨大な情報と、対象の著作物の文章を照合して、その類似性を簡単にチェックできるオンラインツールです(米Turnitin社製)。広範な情報源を網羅するその独自のデータベースから、剽窃・盗用の検査プログラムとして多くの教育機関や出版社に採用され、世界のデファクトスタンダードになっています。

「Turnitin」は学生の論文評価や指導まで対応した教育ツール、「iThenticate」は論文等の剽窃チェックに特化したツールですが、どちらの製品も検査したい著作物を登録するだけで、類似した文章が情報源とともに検出・表示されるので、その箇所について本当に剽窃や盗作の問題がないか、すぐに詳細確認に着手できます。

剽窃・盗作を未然に防止することは、著作物や学術成果への正当な評価を可能にします。
また、学生のうちから正しい文章作成方法を身につけることが、将来的な剽窃の低減につながっていきます。
皆様の価値ある学術情報を守るためにも、専用の剽窃チェックツールを活用してみませんか。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 YUWAビル7F