ブログ

catch-img

【Rosetta Stone学習体験記】第5回 なぜ会話スキルゼロの私が、英会話セッションを楽しめるのか?Live Tutoring / ネイティブコーチ オンラインレッスン

前回は、基礎トレーニングであるLanguage Training / 言語 トレーニングでの学習体験記と私が気づいた英語学習の大事な点をご紹介しました。

今回は、2つ目のプログラム、Live Tutoring / ネイティブコーチ オンラインレッスンの体験記をお届けします。

目次[非表示]

  1. 1.Live Tutoring / ネイティブコーチ オンラインレッスンとは?
  2. 2.会話スキルゼロでもネイティブとの英会話を楽しめる理由
    1. 2.1.Language Trainingで学習した内容を活用できるから
    2. 2.2.これでもか、というくらい参加へのハードルが低いから
      1. 2.2.1.【気軽な点その1】受講し放題
      2. 2.2.2.【気軽な点その2】必要な道具や準備が少ない
      3. 2.2.3.【気軽な点その3】学習済みの英語を使ってセッションが進む
      4. 2.2.4.【気軽な点その4】たった25分
      5. 2.2.5.【気軽な点その5】マンツーマンではない
      6. 2.2.6.【気軽な点その6】「減点」されない
  3. 3.「満点」への執着を手放すだけで、大きく進歩できる

Live Tutoring / ネイティブコーチ オンラインレッスンとは?

レッスン中の画面。イラストや写真を使って先生や参加者とのコミュニケーションが進んでいきます。※先生の写真はダミーです。

ネイティブの先生との1回25分のグループレッスンを行えるプログラムです。Language Training / 言語トレーニングで習得した新しい単語や言い回しを、実際に会話で活用し実践レベルに引き上げます。

参加するには予約が必要です。Rosetta Stoneにログインし、Language Trainingのどのレッスンのセッションにするかと、希望日時を選ぶだけで、簡単に予約できます。

レッスンの予約画面。画面上部でセッションを受けたいLanguage Trainingのユニット、レッスンを選び、右から希望の時間帯を選択して予約します。

24時間365日受付・実施していますが、各レッスンの学習者の定員は先着3名。人気の時間帯(アフターファイブとか)はすぐに埋まってしまうこともあります。早めの予約がお勧めです。

参加日時になったら、いつも通りRosetta Stoneにログインし参加ボタンをクリックすれば、レッスンが始まります。

会話スキルゼロでもネイティブとの英会話を楽しめる理由

これまでは英会話教室に通ったことも、外国人とコミュニケーションを取る機会もほぼなかった私。ネイティブと会話なんて、絶対に無理!と考えていましたし、初めて予約するときは、不安でいっぱいでした。

Live Tutoringは、このような「いきなりネイティブと会話するほどの自信はない」という人にぴったりなプログラムです。

実際、私は週1〜2回のペースで楽しく参加できていますし、先生ともコミュニケーションを取れています。なぜ私でも、英語しか使えない25分を楽しめるのか。その理由をご説明します。

Language Trainingで学習した内容を活用できるから

新しく覚えた単語や言い回しを、試験ではなく実際にネイティブとの会話で試した方が、より学習成果を感じやすいと思いませんか?

Rosetta StoneならこのLive Tutoringですぐに試すことができます。

LiveTutoringの先生は、簡単なフレーズでも、しどろもどろでも、一通り話せればとにかく(もう本当にオーバーすぎるくらい)褒めてくれますので、学習成果を実感しやすいです。

この実感は、学習モチベーション維持にも大いに役に立っています。

これでもか、というくらい参加へのハードルが低いから

【気軽な点その1】受講し放題

学習期間中は何度でも受講できます。以下の利点も踏まえて、ぜひ使い倒してください。

【気軽な点その2】必要な道具や準備が少ない

参加するのに必要なのは、PCと、マイク付きイヤホンなどの音声入出力機器の、2点み。テキストやノートは必要ありません。

また、学習者はカメラ不要で、自分の姿や自室が先生、他の学習者に見られることはありません。散らかった部屋でも、スウェット姿でもOK!

【気軽な点その3】学習済みの英語を使ってセッションが進む

各セッションは、Language Trainingの学習内容に対応しており、その復習や実践が中心です。話についていけない事態は、まず起こりません。

もしLanguage Trainingに出てこないフレーズを使うときは、先生が丁寧に教えてくれます。

どうしてもわからない時は、遠慮せず「I don't know.」「Can you repeat that please ?」と伝えればいいのです。

【気軽な点その4】たった25分

1回のセッションは25分までです。先生の話が伸びて延長することは絶対にありません(開始から25分経過すると、システムがレッスンを強制終了させますので)。万が一全く話についていけなくても、25分だけの辛抱ということです。

帰宅後に参加しても夜遅くまでかかることはないですし、休日であればさらに簡単に時間をとれますね。

【気軽な点その5】マンツーマンではない

Live Tutoringはグループレッスンで、自分の他にも最大3名の学習者が参加します。25分ずっと先生と二人きりで話す訳ではありません。よりハードルが低いように感じませんか?
一方、少人数なので、自分がしゃべる時間も十分確保されています。

※たまに運よく(?)マンツーマンになる場合があります。

【気軽な点その6】「減点」されない

Live Tutoringは、あなたの会話スキルを採点する場ではありません。「I don't know.」をいくら連発しても、間違っても、減点されません。先に述べた通り、先生は努力を認め褒めちぎってくれますし、不明点も丁寧に受け止めアドバイスをしてくれます。安心して、日本語を一切使わない非日常感をただ楽しみましょう。

学習期間中は受講し放題ですから、うまくいかなかったと感じたら、納得いくまで何度でも受講するのもありです。


以上が、英語初心者の私でも、積極的にLive Tutoringに参加できている理由です。参加へのハードルが低く、学習成果を実感しやすいことが、お分かりいただけたでしょうか。

最後に、Live Tutoringの受講を通して気づいたことをまとめたいと思います。

「満点」への執着を手放すだけで、大きく進歩できる

学校で英語を勉強してきた人は、Live Tutoringに参加してみると、意外に自分の英語が通じることがわかると思います。私の場合、英語が上達したという点より、以下のことに気づけたことが一番の成果です。

  • 初歩的な単語や文法だけでも、伝えられることがたくさんある
  • 正確無比な発音や文法、単語は現段階では不要(正確であるに越したことはないが、こだわると何も話せない)
  • 「もう一回言ってください」は迷惑ではない(むしろ誠意)

Live Tutoringは会話練習を行えるのはもちろん、以上のようなコミュニケーションの基本を再認識させてくれるプログラムだと思います。

次回は、3つ目のプログラム「Games & Activities / ゲーム & アクティビティ」の体験記をお届けします。

それではまた!

Rosetta Stone学習体験記 目次