ブログ

catch-img

【Rosetta Stone学習体験記】第8回(最終回) 話せるだけでは不十分!?1年で得たものと、次なる課題

皆様こんにちは。シルバーウィークに真言宗の聖地・高野山でプチ仏教体験をしてまいりましたDombeです。 お世話になった宿坊の僧侶の皆さんが、流暢な英語で外国人旅行者と楽しそうに会話しているのを見て驚愕しました。

さて、前回からかなり時間が空いてしまい大変恐縮なのですが、24言語から選んで学べるオンライン語学プログラム「Rosetta Stone」(ロゼッタストーン)法人版学習体験記の最終回です。

目次[非表示]

  1. 1.経験を積んだことで自信がついた
  2. 2.なるべく簡単な英語を使う意識を持つようになった
  3. 3.訳せない英語、訳せない日本語の存在を知った
  4. 4.最後に

経験を積んだことで自信がついた

英語に慣れ親しむ機会がほとんどなかった私にとって、こまめに生の英語を聞いたり実際に話したりする機会を得られたのは、大きな収穫です。

ネイティブの先生、海外の学習者と英語で会話する経験を積み重ねたことで、スキルの向上はもちろん、「わからなければ躊躇なく言う」姿勢も身につきました。

なるべく簡単な英語を使う意識を持つようになった

Rosetta Stoneでは、基本的な文法や身近な単語、表現を徹底的に反復練習します。学生時代の英語学習に慣れていると、こんな簡単なことの繰り返しで本当にいいのか、と不安になります。しかし学習を続けると、何も複雑な表現を使わなくとも、伝えられることがたくさんある、と気づきます。

「簡単な英語しかできないから無理」と逃げ腰にならず、「自分が知っている簡単な英語で、伝えられることはないか?」と考える癖がつきました。複雑な表現は、もっと慣れてからで充分だし、そのための土台は、基礎を徹底することで固まりつつあると考えています。

ここまで、学びを通じて得られたものを述べました。
一方、今後の課題であると感じたこともありますので、引き続き以下に紹介いたします。

訳せない英語、訳せない日本語の存在を知った

どんなに語彙を増やしても文法を学んでも、理解が難しいもの。それは、「訳せない言葉」です。Rosetta Stoneでの学習で、それらに直面することが時々ありました。

例えば、「bakery」という単語。皆さんはどう訳しますか?「パン屋さん」?

Rosetta Stoneのトレーニングの中で、親子がbakeryでケーキを買うシーンが出てきます。なぜパン屋でケーキを取り扱っているのか、最初全く分かりませんでした。

気になったので、周囲の米国滞在経験者に聞いたところ、bakeryというのは、パンも含めた小麦粉を焼いた食品を広く取り扱うお店のことを指し、日本人が一般的に考えるパン屋とは異なることがわかりました。日本にはない業務形態なので、一言で訳しようがありません。

海外には、日本にはない言葉や概念があるのだと気づいた瞬間でした。

逆に、外国語に訳せない日本語があることにも気づきました。

あるライブコーチで、お互いが昨日何を食べたか、話す機会がありました。近所の定食屋さんで肉じゃがを食べたことを伝えようとしたものの、「boiled potates and beef」という、淡々とした表現しかできませんでした。「そもそも肉じゃがってアメリカにないのでは?ないものをどう伝えればいい?」「あの出汁の旨みやこっくりした甘辛さを、どう表現すれば?」と困りました。

再び米国滞在経験者に聞いたところ、やはり「旨み」「コク」「甘辛」など、味を表現する際によく使われる表現の英語訳は難しいどころか、概念がない、とのことでした。

以上の通り、相手の当たり前がわからない状況と、自分の当たり前が通じない状況を経験し、机にかじりつくだけでは、コミュニケーションできないことを痛感ました。しかし、自分と全く異なる価値観を持った人とふれあえるのは、面白くもあります。

今後もこまめに英語に触れ続けるのはもちろん、自国の独自性を自覚し、初めての人になるべく丁寧に説明する心算を持ちたいと考えています。また、海外の文化・風土にもなるべく関心を持っておきたいです。

最後に

これで、私の体験記は終わりにします。

Rosetta Stoneによって、英語未経験レベルから、シンプルな英語で日常のやりとりを行えるまでに上達しました。さらに、異文化コミュニケーションの難しさと面白さを知り、今後の課題もなんとなく掴めました。引き続きRosetta Stoneで基礎固め・実践を繰り返しながら、さらに経験を積んでいきたいです。

「テストのスコアは高いのに、コミュニケーションに消極的な人ばかり」
「今の語学教育には、実践力強化に不安がある」

Rosetta Stoneは、このような企業の課題解決に役立ちます!法人版販売店・アシストマイクロでは、学習開始時の学習者募集や、学習期間中のモチベーション維持のご支援も行っております。お試し版も用意しておりますので、ぜひにお気軽にお声がけください。

引き続きこのブログでは、人事教育担当の方のお役に立つ語学研修・人材育成関連のトピックや、Rosetta Stoneの最新情報をご紹介してまいります。今後もご高覧いただければ幸いです。

それではまた。

Rosetta Stone学習体験記 目次