導入事例
LMSの活用で学生が主体的に学びやすい環境を構築
クラウドサービスへの移行でセキュリティと利便性も向上


帝京大学(教育機関)

Case:学習管理システム、セルフラーニング、学科運営
Blackboard Learn導入事例:帝京大学様

[CASE STUDY]
帝京大学様

担当:ラーニングテクノロジー開発室室長 教授 渡辺 博芳様
製品:学習管理システム Blackboard Learn
課題:長年利用しているBlackboard Learnをクラウドサービスに移行し、より便利に活用したい
導入の背景

2002年からLMSを活用し「よく分かる授業」を追求

導入の決め手 Blackboard Learnを学内サーバからクラウドサービスに移行、管理の効率性と利便性を向上
導入後の効果

LMS利用環境が大幅に改善!学生が主体的に学ぶ意識を高め、コミュニケーションや学科運営にも役立つ情報基盤に

教員の声

ラーニングテクノロジー開発室室長の渡辺博芳教授に、製品導入のきっかけや製品の印象、授業での活用について、ざっくばらんに伺いました。

学生さんの声

学生のみなさんに授業内外での活用法と、eポートフォリオの魅力について伺いました。

1966年の創立以来、「実学」「国際性」「開放性」を建学の精神に掲げてきた帝京大学。2002年からは逸早く、学習管理システムとしてBlackboard Learnの前身のWebCTを導入、以来、その運用を支えるラーニングテクノロジー開発室による学内講習会やサポートの元、全国4つのキャンパスでBlackboard Learnが活用されています。2019年6月には2年連続で「THE世界大学ランキング」にランクイン、国内の大学110校のうち8位を獲得し、その教育力や研究力が世界的に評価されています。

本事例ではBlackboard Learnを長年利用する3つの理由とクラウドサービスへの移行メリット、そして、授業や学科運営におけるBlackboard Learnの活用と魅力について3名の先生方に伺いました。

導入の背景
「よく分かる授業」実現のために

学内でLMSなどのラーニングテクノロジーを活用した教員の授業改善と、学生の学習支援を担うラーニングテクノロジー開発室では、教員が持つべき技術としてインストラクショナル・デザインを普及させると共に、学生の自律的な学習力を育成していくことを活動方針に掲げて活動しています。中でも中心的な活動となっているのが、教育・学習の基盤技術としてのLMSと講義ビデオ配信システムの供用サービスと活用支援です。

同ラーニングテクノロジー開発室室長を務める、理工学部情報電子工学科の渡辺博芳教授は、従来型の授業に比べ、LMSを活用することで学生への個別対応が可能と語ります。同学科では、Blackboard Learnを活用したセルフラーニング型の授業を導入し、学生が自分のペースで学習できる仕組みを構築。LMSを活用することで、講義のビデオや講義のビデオやスライドなどの教材、小テストなど、さまざまなコンテンツを用意して自由にアクセスできるようにしたり、課題の提出やフィードバックなど、教員と学生または学生同士がオンライン上で個々にやり取りする環境を用意すれば、それぞれの学生が確実に力をつけることができます。 従来型の授業では十分に対応できなかった「個別対応」の授業が可能になり、学生を対象に実施する授業についてのアンケート結果も高い満足度を得ています。

 

※本導入事例の全文はパンフレットでご覧いただけます。
導入の経緯や評価のポイント、効果などの詳細をお知りになりたい方は、事例請求フォームより導入事例パンフレットをご請求ください。

“学生の理解度は一人ひとり異なります。
オンラインで個々にやり取りできる環境を用意すれば、それぞれの学生が確実に力をつけることができます。

授業の基盤システムと学内のコミュニティ機能を兼ね備えたBlackboard Learnは、学内の情報基盤として不可欠の存在です。

― 帝京大学 ラーニングテクノロジー開発室 室長、理工学部 情報電子工学科 渡辺博芳教授

TeikyoUniv-logo

USER PROFILE:帝京大学

設立:1966年
学部数:10学部32学科
学生数:22,245名(2019年度)
https://www.teikyo-u.ac.jp/

  • 本導入事例は2019年の取材に基づくものであり、現在の状況と異なる場合がございます。
  • 本文中に記載されている社名、製品名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
  • 本導入事例・Blackboard製品に関するご照会は以下のお問い合わせ先までお気軽にお寄せください。

関連記事

完全クラウドで快適な学習環境へ~コロナ禍のLMSリプレイス

コロナ禍の遠隔授業実施でLMSの利用が急増。アクセス制限なく全学利用できるクラウド型のOpen LMSへのリプレイスにより、快適な学習環境を実現(学校法人東海大学様)

LMSの活用で学生が主体的に学びやすい環境を構築

「よく分かる授業」実現のため長年にわたりBlackboard Learnを活用、個別対応の授業やコミュニケーション、学科運営の情報基盤に。クラウドへの移行でLMS利用環境も大幅に改善(帝京大学様)

教育改革の基盤となる教育支援システムをBlackboardで実現

教育改革に不可欠なICT基盤の充実を目指して新たな教育支援システムを構築。主体的な学修を促進し、アクティブ・ラーニングの導入を加速(長崎大学様)

人材育成や業務改善でお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決のヒントになる
ITソリューションの資料はこちら