導入事例
定められた業務プロセスが
決して抜け落ちない仕組みを実現


MIC Risk SolutionsI株式会社(損害保険・再保険仲立人業、リスクマネジメントコンサルティング)

Case:業務プロセス管理、契約手続き業務
BP Direcctor導入事例MRS様

[CASE STUDY]
MIC Risk Solutions株式会社様

担当:マリン・エネルギーチーム 吉田 秋一様
製品:BPMソフトウェア BP Director
課題:保険ブローカーとして、契約に関わる書類作成や申請フローのビジネスプロセスが逸脱しないように徹底したい
導入の背景 コンプライアンス上不可欠となる正確な書類作成や承認フローの遵守が、人手による対応では限界に
導入の決め手 PDCAを回せるBPMソフトウェアに注目、メンテナンスのしやすさでBP Directorを採用
導入後の効果 定められた業務プロセスが決して抜け落ちない仕組みを実現!

MIC Risk Solutions株式会社(以下、MRS)は、三井物産グループの保険ブローカーとして、各種海外プロジェクトにおける保険アドバイザーサービスと保険ブローキング(契約の媒介)、リスクマネジメントのサポートを展開しています。MRSでは、この契約関連業務のプロセス管理でBPMソフトウェア「BP Director」を採用、2013年6月から運用を開始しています。その経緯や効果について、部長の吉田 秋一氏に伺いました。

導入の背景
コンプライアンスで不可欠な業務プロセスの徹底、正確な書類作成も承認フローの遵守も、人手による対応には限界があった

MIC Risk Solutions株式会社(MRS)は、リスクコンサルタントのプロフェッショナルとして、エネルギー開発やインフラ、各種プラント建設などをグローバルに展開する日本企業に向け、最適な保険契約を提案しています。このような海外プロジェクト案件においては、世界中の保険業者のサービスを比較検討して、ベストなものをお客様に提案する必要があり、その書類やフローに不備は許されません。契約上の不備は、いざというときに保険が適用されないといった最悪の事態を招きかねないためです。

そこで重要になったのが、書類作成や申請フローといったビジネスプロセスの電子化でした。MRSではこれまでその業務を紙や人手による管理で行っていましたが、プロセスを徹底するためには人間系の管理だけでは限界があり、ITシステムの採用を検討することにしました。

導入の決め手
PDCAを回せるBPM:業務プロセス管理製品に注目。継続的な利用を見据え、メンテナンスのしやすさからBP Directorを採用

作成する書類フォーマットの項目内容を変更・改善しながら運用できること、人的ミスによる見逃しや管理不備が発生しないようにビジネスプロセスを厳密に管理できることを条件にITソリューションを探しました。選択肢として、1.国内でよく利用されているワークフローの採用、2.RDBによる内製、3.完成度の高いBPM(Business Process Management)製品の採用、が候補となりましたが、ワークフロ―製品ではPDCAサイクルが思うように回せないこと、内製によるシステム開発では継続的なメンテナンス等の維持管理が難しい、といった課題がありました。

そんなとき、BPM製品「BP Director(ビーピーディレクター)」と出会いました。 BP Directorは、BPMの機能である複雑な業務プロセスの統合管理・可視化・分析機能はもちろん、検討案件にした内容を見積書にする、そこから請求書にする、といった従来は手作業でしていた作業の自動化や、義務づけられた期間のデータ保管にも対応していました。 さらに、書類の電子フォーマット化やワークフローの設定もWebブラウザ上で容易にできました。自分たち自身で構築やメンテナンスができる=“現場主導でビジネスフローの改善が可能”になることが決め手となり、BP Directorを採用しました。

吉田 秋一様
Process-image

導入後の効果
定められた業務プロセスが決して抜け落ちない仕組みを実現、コンプライアンス対応と業務効率化を両立

まずはスモールスタートとして一部の業務からBP Directorでプロセスの構築を行い、運用を開始しました。定められた業務プロセスが決して抜け落ちない仕組みにしたことで、プロセスの厳格な遂行が可能になりました。導入・初期構築は販売会社であるアシストマイクロのサービスを利用しましたが、その後自分たち自身でも追加や改修を行っています。適用業務を柔軟に発展・拡張していくことで、案件情報の管理から見積書作成、請求書作成と一連の業務がつながるようになり、自動化できる領域が増え、効率化も促進されています。

BP Directorによって、企業にとって必須であるコンプライアンス対応の根幹となるシステムが構築できました。今後も、社内のさまざまな業務のプロセス管理に展開していきます。

“当社はその仕事の性質上、厳格な業務プロセス管理と正確な書類作成が求められています。
BP Directorは、その利便性と、今後の企業展開をにらんだ拡張性に優れていると判断し、導入を決定しました。

今後、BPMは必須のシステムとなるでしょう。
BP Directorはスモールスタートで柔軟に発展・拡張していくことができ、運用コストも大幅に削減可能です。”

― MIC Risk Solutions株式会社 部長(マリン・エネルギーチームリーダー) 吉田 秋一氏

MRS_logo

USER PROFILE:MIC Risk Solutions株式会社

本社所在地:東京都千代田区神田須田町1-1
設立:2009年8月
事業内容:損害保険・再保険仲立人業、リスクマネジメントに係るコンサルティング業
http://micrisksolutions.com/

関連記事

煩雑な承認・行政報告業務のプロセスをITシステム化

医療機器メーカーとしてコンプライアンスを徹底し続けるためにー紙で管理していた煩雑なGVP対応業務のプロセスをいち早くITシステム化、業務の標準化・効率化を実現(テルモ株式会社様)

定められた業務プロセスが決して抜け落ちない仕組みを実現

保険契約に要求される厳格な業務プロセス管理と正確な書類作成、そしてPDCAによる改善の反映を目指して、柔軟なカスタマイズ性を持つBP Directorを採用(MIC Risk Solutions株式会社様)

人材育成や業務改善でお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決のヒントになる
ITソリューションの資料はこちら