導入事例
県下に分散するキャンパス間を結ぶ
動画インフラとして活用
高いコストパフォーマンス、Moodleとの連携、
多機能性が導入の決め手に


信州大学 e-Learningセンター(教育機関)

Case:動画配信インフラのコストパフォーマンス向上
Kaltura導入事例:信州大学様

[CASE STUDY]
信州大学 e-Learningセンター様

担当:

  • e-Learningセンター 副センター長 矢部正之様
  • 研究開発運用部門長 新村正明様
  • 研究開発運用部門 研究開発チーム 茅野基様
  • 高等教育コンソーシアム信州担当 丸山浩平様

製品:統合動画プラットフォーム Kaltura
課題:よりコストパフォーマンスの高い動画配信システムの構築

導入の背景

既存システムのサポート期間終了をきっかけに、よりコストパフォーマンスが高い動画配信システムの検討へ

導入の決め手

コストパフォーマンスと学内で利用しているLMSとの親和性の高さから、Kalturaを選択

導入後の効果 利用者に新システムを意識させることなく、先生も学生も簡単に動画作成、配信できるプラットフォームを確立!
1949(昭和24)年、長野県下の高等教育機関7校を包括・併合して発足した信州大学。8つの学部からなる総合大学であり、広い県内に5つのキャンパスが点在しています。それぞれの学部が独自の伝統を持ち、地域と密接に関わりながら発展してきました。第3期中期目標期間(2016〜2021年)においては、特色ある教育・研究のグローバル展開、創造性豊かな人材育成、地域・社会発展への寄与を持続的・戦略的に行うため、『3つの「G」(Green, Global, Gentle)と3つの「L」(Local, Literacy, Linkage)』を基本方針に掲げ、戦略的な大学運営を行っています。

導入の背景
30年前から遠隔講義ができる環境を構築

同学は前述の通り、県内に5つのキャンパスが点在していることから、分散したキャンパス間を学生や教員が頻繁に移動しなくても済むように、授業や会議をいかに共有するかが課題となってきました。その解決のため、30年前から遠隔による授業・会議の仕組みが構築されてきました。1988年には、マイクロ波無線回線を利用したネットワークシステム(信州大学画像情報ネットワークシステム=旧SUNS)を本稼働。2007年には、情報通信技術を利用した教育の実施に必要な支援を行うe-Learningセンターが発足し、光ケーブルを利用したギガビットイーサネットワークによる学内LANを基盤とした遠隔授業・会議システム(信州ユビキタスネットシステム=新SUNS)を2009年度に完成させました。旧SUNSは同期(生配信)のみで低画質でしたが、新SUNSではインターネットを利用することで画質も向上し、非同期の録画配信も可能になりました。

遠隔配信される授業には、主に1年次に学ぶ教養科目や、学部を跨がって受講される授業などがあります。教養科目を遠隔配信するのは、次のような理由からです。信州大学では、1年次は全ての学生が松本キャンパスで学び、2年次以降、学部によって各キャンパスに分かれます。1年次に教養科目の単位を取り損ねた場合、2年次以降も松本キャンパスまで通わなければならなくなります。そうしなくてもいいように、遠隔配信されています。

2009年度には、長野県下の8大学(現在は10大学)により、授業などの教育資源を有効活用する「高等教育コンソーシアム信州」が設立されます。これを機に、コンソーシアムの事務局を担うe-Learningセンターは、2010年に動画収録・配信システムを導入。各大学に収録用の教室を設け、コンソーシアム参加大学間での授業の撮影・配信を開始しました。各授業は、リアルタイムでの配信のほか、自動録画され非同期でも配信されています。

e-Learningセンターの副センター長を務める、高等教育研究センター教授の矢部正之氏は、「遠隔のキャンパス間や大学間で授業を共有するには、映像配信の仕組みが不可欠です。限られた予算の中で、安定して映像を配信できる環境を追求してきました」と語ります。
e-Learningセンター 副センター長 矢部正之様
研究開発運用部門 研究開発チーム 茅野基様
研究開発運用部門長 新村正明様
高等教育コンソーシアム信州担当 丸山浩平様

導入の決め手
よりコストパフォーマンスの高いシステムを求めて

既存の動画収録・配信システム導入より6年後の2016年度、e-Learningセンターは、新たな動画システムの検討を始めます。理由は、動画収録に不可欠な専用レコーダー(ハードウェア)の老朽化です。e-Learningセンター 研究開発運用部門 研究開発チームの茅野基さんは、次のように語ります。

「既存システムをそのまま利用し続けると、レコーダーの買い換えが必要になりますが、1台当たり400万円前後の費用がかかります。また、学内から動画収録の要望が増える傾向にあることを考えると、今後レコーダーの増設が必要になる可能性もあります。しかし、予算が削減傾向にある中で、レコーダーの購入は容易なことではありません。そこで、既存システムのサポート期間が終了するタイミングを前に、同様の機能を持った、よりコストパフォーマンスの高いシステムを探し始めました」

新たなシステムの検討に当たってe-Learningセンターが重視した機能は、学内で利用しているLMSのMoodleと連携できること、予約録画ができること、テレビ会議システムと接続して録画できることなどでした。さまざまな製品を検討する中で、要件を満たしている候補は、Kalturaを含めた3製品に絞られました。導入時のイニシャルコストと、運用や保守などにかかるランニングコストを総合的に比較検討した結果、採用したのがKalturaでした。

※本導入事例の全文はパンフレットでご覧いただけます。
導入の経緯や評価のポイント、効果などの詳細をお知りになりたい方は、
事例請求フォームより導入事例パンフレットをご請求ください。

“限られた予算の中で、安定して映像を配信できる環境を追求してきました。”

― e-Learningセンター 副センター長、高等教育研究センター 教授 矢部正之様

“Moodleのプラグイン連携によって、従来と同じような操作環境が実現できており、ユーザーからも、従来と同じような感覚で使えそうだという評価をもらいました。”

― e-Learningセンター 研究開発運用部門長 新村正明様 

“クラウドに変わることで、e-Learningセンターのスタッフがサーバーの保守管理から解放される点も、決め手の一つです。

― e-Learningセンター 研究開発運用部門 研究開発チーム 茅野基様 

“使い勝手がよく、操作もスムーズに感じます。”

― 学務部 学務課 教務グループ 高等教育コンソーシアム信州担当 丸山浩平様

USER PROFILE:国立大学法人 信州大学

本社所在地:長野県松本市旭3-1-1
設立:1949年5月31日
キャンパス数:長野県内に5キャンパス(松本、長野(教育、工学)、伊那、上田)
学生数:
 学部生 9,127名
 大学院 1,903名
 外国人留学生 317名

https://www.shinshu-u.ac.jp/
(平成29年5月現在)

関連記事

オープンエデュケーションの基盤にKaltura SaaSを採用

動画教材の配信・管理を行うプラットフォームをKaltura CEからKaltura SaaSへ移行。ストリーミングのパフォーマンスが改善され、詳細な視聴分析による教育改善も視野に(北海道大学様)

県下に分散するキャンパス間を結ぶ動画インフラとして活用

高いコストパフォーマンス、Moodleとの連携、多機能性によりKalturaを動画プラットフォームに採用。キャンパス間で年間300〜400時間分の動画を収録・配信へ(信州大学様)

人材育成や業務改善でお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決のヒントになる
ITソリューションの資料はこちら