革新的なソフトウェアで経営課題の解決へ―アシストマイクロ株式会社
AssistMicro

学校法人帝京大学様

Teikyo University

導入先

学校法人帝京大学様

業種

教育機関

製品・サービス

    Blackboard

クラウドへの移行で教職員と学生の双方にメリット
主体的に学ぶ意識、学力、授業満足度も変化

Blackboard Learnをご利用頂いている学生のみなさんにインタビューをし、授業内外での活用法と、eポートフォリオの魅力について伺いました。
同校では週1回、上級生が下級生の授業課題をサポートする「メンタリングアワー」が設けられており、Blackboard Learnのコミュニティ機能を利用して、参加者リストや下級生から受けた質問、また上級生がどの様に解決を図ったかなどの対応方法をBlackboard Learnに記録して、メンタリングアワーの質向上も図っておられます。

1966年の創立以来、「実学」「国際性」「開放性」を建学の精神に掲げてきた帝京大学。2002年からは逸早く、学習管理システムとしてBlackboard Learnの前身のWebCTを導入、以来、その運用を支えるラーニングテクノロジー開発室による学内講習会やサポートの元、全国4つのキャンパスでBlackboard Learnが活用されています。2019年6月には2年連続で「THE世界大学ランキング」にランクイン、国内の大学110校のうち8位を獲得し、その教育力や研究力が世界的に評価されています。
本事例では授業や学科運営においての、Blackboard Learnの活用と魅力について3名の先生方に伺いました。

「よく分かる授業」実現のために

学内でLMSなどのラーニングテクノロジーを活用した教員の授業改善と、学生の学習支援を担うラーニングテクノロジー開発室では、教員が持つべき技術としてインストラクショナル・デザインを普及させると共に、学生の自律的な学習力を育成していくことを活動方針に掲げて活動しています。中でも中心的な活動となっているのが、教育・学習の基盤技術としてのLMSと講義ビデオ配信システムの供用サービスと活用支援です。

同ラーニングテクノロジー開発室室長を務める、理工学部情報電子工学科の渡辺博芳教授は、従来型の授業に比べ、LMSを活用することで学生への個別対応が可能と語ります。同学科では、Blackboard Learnを活用したセルフラーニング型の授業を導入し、学生が自分のペースで学習できる仕組みを構築。LMSを活用することで、講義のビデオや講義のビデオやスライドなどの教材、小テストなど、さまざまなコンテンツを用意して自由にアクセスできるようにしたり、課題の提出やフィードバックなど、教員と学生または学生同士がオンライン上で個々にやり取りする環境を用意すれば、それぞれの学生が確実に力をつけることができます。 従来型の授業では十分に対応できなかった「個別対応」の授業が可能になり、学生を対象に実施する授業についてのアンケート結果も高い満足度を得ています。

学生の理解度は一人ひとり異なります。オンラインで個々にやり取りできる環境を用意すれば、それぞれの学生が確実に力をつけることができます。
授業の基盤システムと学内のコミュニティ機能を兼ね備えたBlackboard Learnは、学内の情報基盤として不可欠の存在です。

― ラーニングテクノロジー開発室 室長、理工学部 情報電子工学科 渡辺博芳教授

この導入事例の全文を読む

本導入事例の全文はパンフレットでご覧いただけます。
導入の経緯や評価のポイント、効果などの詳細をお知りになりたい方は、以下のお問い合わせフォームより導入事例パンフレットをご請求ください。

ご不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

営業日

月曜日〜金曜日(祝日は除く)

電話受付時間

9:00〜18:00
アシストマイクロ株式会社

〒164-0012 東京都中野区本町3-31-11 7F

関連商品のご紹介

同じ製品の導入事例