資料ダウンロード

テルモ株式会社様導入事例
「医療機器メーカーとしてコンプライアンスを徹底し続けるために
紙管理による煩雑な承認・行政報告業務のプロセスをいち早くITシステム化して標準・効率化を実現」

\ こんな方におすすめ /

  • 業務プロセスが複雑かつ厳しい対応期日があって悩んでいる
  • 紙ベースの業務管理が煩雑で人的負荷がかかっている
  • 業務プロセスを標準化して効率化を図りたい

人々の健康を支える医療機器や医薬品の製造販売は許可制の事業であり、製品の製造販売後についてもGVPと呼ばれる省令によって遵守すべき安全管理体制が定められています。

医療機器メーカーのリーディングカンパニーであるテルモ株式会社は、このGVPへの対応業務の管理にビジネスプロセスマネジメント:BPMソリューション「BP Director(ビーピーディレクター)」を採用し、安全情報の評価から報告提出まで、一連の業務のITシステム化と効率化を実現しています。

この導入事例では、

  • 紙管理によるGVP業務の課題
  • 業務要件に応える自由度の高さと機能、ベンダー対応を評価
  • 報告期限の可視化で体制を強化、監査にも大きなメリット

といった、製品選定のポイントから導入効果、今後の展望まで、お客様の声をご紹介します。

同じGVP対応業務を効率化されたい方はもちろん、複雑な業務の対応管理にお悩みの方、業務状況の可視化や期日管理に課題をお持ちの方などにもご参考にしていただける事例です。ぜひご覧ください。 

下記フォームにご記入ください。(1分)

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。

アップロードしています。少々お待ちください。