資料ダウンロード

多摩信用金庫様導入事例
「集中化した債権書類の棚卸負荷や移動リスクを解決へ-ICタグ対応の債権書類管理システムに移行、より精緻かつ安全な運用管理体制を構築」

 \ こんな方におすすめ / 

  • 紙で発生している債権書類の管理体制に悩んでいる
  • 債権書類の棚卸効率化や管理体制強化に興味がある
  • システム化によってどんな運用管理ができるのか知りたい
多摩信用金庫様導入事例イメージ

融資業務で発生する債権書類は、顧客との契約期間に応じて長期にわたり厳格な保管が求められる重要書類であり、金融機関にとって、その管理体制の構築は課題のひとつになっています。

東京・多摩地域を中心に金融サービスを展開する多摩信用金庫では、早期からその管理体制強化に取り組み、全営業店の債権書類を本部に集中化していましたが、「棚卸業務の人的負荷」や「照会対応時の書類現物移動にかかわるリスク」が課題となり、ICタグに対応したアシストマイクロの債権書類管理システムを採用しました。

この導入事例では、

  • 債権書類管理に特化したシステムの検討経緯や決め手
  • 集中化済みの債権書類管理をシステム移行する際の工夫
  • システム化で見えてきた導入効果や今後の取り組み

といった、導入までの背景から製品選定のポイント、多摩信用金庫様ならではのお取り組みの工夫や今後の展望までご紹介します。

同じように債権書類現物の集中化に先行して取り組まれている方はもちろん、棚卸業務の負荷や書類の管理体制に悩まれている方、システム化による効果についてご興味のある方にもご参考にしていただける事例です。ぜひご覧ください。 

 

※競合他社の方はご遠慮ください。

以下の資料ダウンロードフォームにご記入ください
(1分で入力完了)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。