よくあるご質問

Blackboard Learn

ライセンス体系について教えてください。

Blackboard Learnのライセンスはサブスクリプション方式です。ご利用人数に応じたライセンス利用料で年間契約をしていただきます。

利用環境はクラウドでしょうか?オンプレミスでしょうか?

クラウド(SaaS)でのご提供となります。常に最新バージョンがご利用可能で、システム管理者様のご負担も軽減できます。

他の教育ツールとの連携について教えてください。

Blackboard Learnは、Learning Tools Interoperability (LTI)をはじめとする標準規格に対応しており、当社取り扱いの動画配信プラットフォームのKalturaや主要な教育ツールと簡単に連携いただけます。

どのような言語に対応していますか?

日本語を含む22言語に対応していますので、留学生や外国人教職員の方にもスムーズにご利用いただけます。

Blackboard Collaborate

ライセンス体系について教えてください。

Blackboard Collaborateのライセンスはサブスクリプション方式で、ご利用時間数に応じたプランで年間契約をしていただきます。

利用環境はクラウドでしょうか?オンプレミスでしょうか?

クラウド(SaaS)でのご提供となります。完全ブラウザベースで、ダウンロードやインストールは不要です。

録画はできますか?

録画も可能です。ライブセッションに出席できなかった参加者、学習者の皆さんと録画を共有してのフォローアップや、授業や研修の復習用としてご活用いただけます。

セッションの途中で、参加者ロール(権限)をプレゼンターやモデレータに切り替えられますか?

セッションには、教員や講師をモデレータとして登録します。全ての管理権限を持つモデレータは、セッション中も自由に他の参加者のロール(権限)をプレゼンターやモデレータに変更することができます。

どのような言語に対応していますか?

Collaborateでは、ブラウザで設定された言語が使用されます。日本語を含め、約30言語でご利用が可能です。

BP Director

ライセンス形態について教えてください。

BP Directorのライセンスはサブスクリプション方式です。ご利用されるユーザ数に応じたライセンス利用料で年間契約をしていただきます。

利用環境はクラウドでしょうか?オンプレミスでしょうか?

BP Directorは、クラウドでもオンプレミスでもどちらでもご利用いただけます。クラウドの場合はMicrosoft AzureまたはAmazon AWSでのご提供となります。オンプレミスの場合はお客様のサーバにライセンスをインストールしていただきます。どちらの利用方法でもライセンス利用料は同一です。

費用について教えてください。

お見積いたしますので、ご利用予定のユーザ数を記載のうえお問い合わせください

どのような言語に対応していますか?

インターフェイスの言語は現在日本語、英語に対応しており、ユーザごとに変更することができます。また、その他の言語に関しては、システム内に辞書機能がありますので、翻訳語を設定することで使用可能になります。

Kaltura

ライセンス体系について教えてください。

Kaltruaのライセンスはサブスクリプション方式です。ご利用人数に応じたライセンス利用料で年間契約をしていただきます。
別途お見積を提示させていただきますので、詳しくはお問い合わせください

日本語に対応していますか?

対応しております。英語、中国語、スペイン語等の主要言語にも対応しております。

カスタマイズはできますか?

弊社ではSaaSとして提供しておりますので、カスタマイズはできません。

トライアル環境を利用できますか?

英語のサイトとなりますが、Kaltura MediaSpaceをご利用いただけます。ご要望がございましたら、お問い合わせください

他システム(教務システム等)と連携できますか?

連携実績がございます。詳しくは、お問い合わせください

スマートフォンに対応していますか?

対応しており、ネイティブアプリケーションもございます。

Open LMS

価格はいくらになりますか?

ご利用されるユーザ数によって価格は変動いたします。詳細については、こちらよりお問い合わせください。

外国語には対応していますか?

日本語を含む100を超える言語に対応しています。留学生や外国人教職員の方にもスムーズにご利用いただけます。

Moodleとの違いは何ですか?

独自機能の追加、またクラウド環境に構築されたSaaSとしてご利用いただけます。Open LMSの詳しい特長については、こちらをご確認ください。

トライアル環境を利用できますか?

英語のサイトとなりますが、以下よりご利用いただけます。
https://www.openlms.net/request-a-trial/ 

他システム(教務システム等)と連携できますか?

連携実績がございます。こちらよりお問い合わせください。

スマートフォンに対応していますか?

対応しております。

動画教材を掲載することができますか?

掲載可能です。多くの動画を利用される場合は、動画配信サービス「Kaltura」との連携利用を推奨しております。

授業評価アンケートはできますか?

可能です。

出席管理はできますか?

可能です。

導入大学の事例を教えてください。

こちらにて導入事例をご紹介しておりますので、ご参照ください。

Powtoon

Powtoonとアシストマイクロはどのような関係ですか?

アシストマイクロは法人向けPowtoon製品の正規販売代理店です。2021年11月に英Powtoon Ltd.と契約を締結し、日本の民間企業や教育機関をはじめとする法人のお客様にPowtoonライセンスの販売ならびに製品サポートを提供しています。デモンストレーションやお見積のご要望など、お気軽にお申し付けください。

Rosetta Stone

Rosetta Stone Foundationsを法人で使用するメリットは何ですか?

法人契約をご検討いただきありがとうございます。おもなメリットは以下のとおりです。

・ライブセッション(ネイティブコーチとのオンライン会話トレーニング)が利用無制限
・学習レポートの抽出が可能
・学習言語や学習者の途中変更が可能
・導入時の説明会や定期的な学習サポートを実施

お客様の語学教育計画にあわせたご提案をいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Rosetta Stone製品を個人で使用したいときはどうすればいいですか?

個人で利用されるお客様は、米Rosetta Stone社/ソースネクスト株式会社が運営するロゼッタストーン公式Webサイト(https://rosettastone.co.jp/)より、製品を購入することが可能です。詳しくはそちらをご覧ください。
なお、アシストマイクロでは法人のお客様向けのRosetta Stone製品の販売を行っています。ご所属の組織で法人としての利用をご検討される場合はお申し付けください。

Rosetta Stoneとアシストマイクロはどのような関係ですか?

アシストマイクロは法人向けロゼッタストーン製品の正規販売代理店です。2014年7月に米Rosetta Stone Inc.と契約を締結し、日本の民間企業や教育機関をはじめとする法人のお客様にロゼッタストーン製品を販売しています。デモンストレーションやお見積のご要望など、お気軽にお申し付けください。

債権書類管理システム

債権書類管理システムは、パッケージ導入以外にカスタマイズが必要になりますか?

債権書類を運用管理するために十分な機能を備えていますので、8割のお客様がカスタマイズ無しでお使いいただいています。

債権書類の管理にICタグを使用したいのですが、費用は高いのでしょうか?

アシストマイクロの債権書類管理システムでは、書類のような薄いものを重ねても正確に読み取れる、積層ICタグを採用しています。発売当初は比較的高額だったICタグも、だいぶ市場に浸透してきたことで低価格化が進んでいます。管理する書類の件数にあわせてお見積をご提示しますので、お気軽にご相談ください。
なお、アシストマイクロの債権書類管理システムは、ICタグとバーコードの併用や、まずはバーコードで導入し、段階的にICタグへの運用に移行していくことも可能です。お客様のご状況に応じて柔軟な運用をご提案いたします。

その他

現在、採用活動は行っていますか?

ご関心をいただきありがとうございます。
採用情報は特設Webサイトにてご案内しております。こちらをご覧ください。

人材育成や業務改善でお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決のヒントになる
ITソリューションの資料はこちら