外国人労働者向けに日本語教育を行いたい

ビジネスのグローバル化や、少子高齢化に伴う労働人口の減少が見込まれている背景から、日本企業が外国人を雇用する機会は増加しています。
外国人労働者が安心して働き続け、実力を発揮できるようにするために必要なのが、日本語教育です。
日本語を学びたい・教えるべき、という社内ニーズがすでにあることは把握しているものの、最適な教材や運用方法がわからずお悩みの担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。
このページでは、組織のニーズに応える日本語教育ソリューションをご紹介します。

こんな課題はありませんか?

社内の日本語教育・学習ニーズに早急に対応したい
初めて日本語を学ぶ人でも、基礎から確実にレベルアップできるプログラムを探している
教育担当者や上長が、学習者の学習状況をいつでも把握できるようにしたい

アシストマイクロの解決策

すぐに始められ、基礎から実践レベルまでをカバーできるオンライン日本語教育プログラムをご提供!組織の日本語教育・学習ニーズに応えます。

アシストマイクロは、日本語を含む24言語を学べるオンライン語学プログラム「Rosetta Stone Foundations」(ロゼッタストーン ファンデーションズ)法人版の提供と丁寧な運用サポートを通じ、効果的な日本語教育を実施したい企業の皆様を支援しております。

すばやく導入・展開できるオンラインプログラム!
スマホ、PCだけで学習を進められます

Rosetta Stoneは、スマホとPCで学習を進めるオンラインプログラムです。学習に必要なリソースはすべて含まれているので、別途テキストやノートなどを用意する必要はありません。必要な社員にすばやく展開し学習を開始できます。

日本人講師によるレッスン付きの、充実したカリキュラム!楽しく無理なくステップアップできます

4技能をバランスよく習得できる、充実したレッスンを用意しています。

レッスン
写真でイメージを掴みながらネイティブの音声を聞く、真似して話すを繰り返すことで基礎を定着させる、メインのプログラムです。挨拶から始まり、職場でのコミュニケーションといった高度なコミュニケーションへ、少しずつレベルアップしていきます。1回5分からスマホでも学べ、中断・再開が自由にできるので、忙しい社員でも隙間時間を使って進められます。

ライブコーチ
日本人講師による、1回30分のオンライングループレッスンです。レッスンで学んだ内容を実際の日常生活や職場で実践できるよう、会話練習を行います。24時間365日いつでも、自分の都合の良い時間に予約、参加でき、学習期間中は何度でも受講できます。

追加学習
長文の読解や聞き取り、音読に挑戦するトレーニングです。
レッスンの各レベルに対応したストーリーを選択でき、さまざまなトピックで新しい言語に幅広く触れながら、リスニングや発音などを実践練習できます。

学習者の学習状況をリアルタイムに把握!つまずいている学習者の発見とサポートを支援します

語学教育担当者や上長の方が、学習者の学習時間、レッスンの進み具合、ライブコーチの受講回数などをPCで確認することができます。最近ログインしていない人、特定のレッスンでつまずいている人などを把握し、適切な支援を行うことができます。

オンラインを活用した日本語教育で、言葉の壁を乗り越えましょう

Rosetta Stoneは、米国で開発されてから25年以上、日本を含む世界各国の個人と組織に語学プログラムを提供してきた実績があります。
アシストマイクロではさらに、日本の企業や教育機関の語学教育担当者さまの教育事業推進を支援するサポートサービスも行っています。
日本語教育に課題をお持ちの方は、ぜひお気軽に資料請求やお問い合わせをお寄せください。

関連記事

Rosetta Stone

Rosetta Stone(ロゼッタストーン)は、まるで海外にいるように学ぶ言語にだけ浸れる環境を実現したのが、オンライン語学プログラムです。マルチデバイスに対応したeラーニングとネイティブ講師のオンライン会話で、グローバル社会で活躍できる語学力向上をめざせます。

その他活用事例

社員の語学教育を効果的に行いたい

グローバル化が急速に進む現在、海外への事業拡大や外国人顧客の増加などチャンスが訪れています。どのようにすれば忙しい社員に“通じる外国語スキル”を習得してもらえるのでしょうか?

外国人労働者向けに日本語教育を行いたい

外国人労働者の雇用や育成で課題となる日本語教育、適した教材や運用方法にお悩みではないですか?組織における日本語の教育・学習ニーズに応えるソリューションをご紹介します。

Moodleを効果的に運用、活用したい

オープンソースLMSのMoodleは無料で使える一方、サーバー管理やアップデート対応といった負担も…運用負荷を最小に、より充実した教育と学習を実現するにはどうすればいいでしょうか?

人材育成や業務改善でお悩みの方は、 お気軽にご相談ください。

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
課題解決のヒントになる
ITソリューションの資料はこちら